日本の医療―制度と政策 (増補改訂版)

個数:

日本の医療―制度と政策 (増補改訂版)

  • ウェブストアに11冊在庫がございます。(2020年07月14日 09時40分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 538p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130511452
  • NDC分類 498.1
  • Cコード C3036

内容説明

医療制度・政策論の決定版。医療政策の企画立案にも携わり理論と実務に通暁した著者が、日本の医療制度の構造を歴史分析と国際比較により解き明かし、今後の改革の方向性と道筋を提示する。初版から約10年。医療保険制度、医療供給制度、診療報酬制度のポイントをわかりやすく解説するとともに、地域医療構想、国民健康保険制度改革、医師の働き方改革など最新の政策動向を盛り込んだ、医療関係者必読の一冊。

目次

問題の所在と分析視角
1 歴史―日本の医療制度の沿革(医療制度の基盤形成期;医療制度の確立・拡張期;医療制度の改革期)
2 比較―医療制度・政策の国際比較(医療制度・政策の国際比較―総論およびドイツの医療制度改革;米国の医療制度改革と日本への示唆;スウェーデンの医療制度改革と日本への示唆)
3 展望―医療制度の改革の方向性と政策選択(医療保険制度の基本問題;各医療保険制度の構造と政策課題;医療供給制度の構造と改革の方向性;医療供給制度の改革手法)
総括

著者等紹介

島崎謙治[シマザキケンジ]
1978年東京大学教養学部卒業。厚生省入省。千葉大学法経学部助教授、厚生労働省保険局保険課長、国立社会保障・人口問題研究所副所長、東京大学大学院法学政治学研究科附属比較法政国際センター客員教授等を経て、2007年政策研究大学院大学教授、2020年4月から国際医療福祉大学大学院教授。博士(商学、早稲田大学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

人口の高齢化や医療の進歩によって医療費は増大の一途をたどり,経済的な限界のなか,現在の医療は多くの問題を抱えている.医療制度の歴史や諸外国との比較をふまえ,日本の医療の構造とその改革についてわかりやすく解説.初版から約10年,大幅に加筆した待望の増補改訂版.