ワーク・ライフ・バランスと家族形成―少子社会を変える働き方

個数:
  • ポイントキャンペーン

ワーク・ライフ・バランスと家族形成―少子社会を変える働き方

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月10日 21時41分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 330p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130511346
  • NDC分類 366.021

内容説明

少子社会を乗り越えるための処方箋。企業・労働組合への調査などをもとに、人びとの労働や生活環境の現状を実証的・多角的に分析。就労か出産・育児かの三者択一を迫らない、子育てにやさしい社会に向けて、よりよい政策、企業のあり方を提案する。ワーク・ライフ・バランス研究の最前線。

目次

問題意識とまとめ
第1部 現代の働き方と家族形成(少子社会における働き方―現状と課題;働き方と家族形成の関係)
第2部 人びとの家族形成と働き方の社会的・経済的背景(成年層の子ども数の実態;ワーク・ライフ・アンバランスはどこで起こっているか―出産ペナルティと女性の就業継続;妻の学歴・就業と出産行動;母親の就業が女性労働供給に与える影響について―独身者と既婚者の調査を用いて)
第3部 ワーク・ライフ・バランス推進施策と生活形態(企業の両立支援策と労働時間―組合調査による分析;働き方と両立支援策の利用;夫の家事時間を決定するもの;両立支援制度が男性の生活時間配分に与える影響)
第4部 ワーク・ライフ・バランス推進施策と家族形成(労働時間や家事時間の長い夫婦ほど出生率は低いか;両立支援策と出生率―労働組合への調査から;待機児童の存在と出生の関係)
両立支援策への示唆―少子社会を超えて

著者紹介

樋口美雄[ヒグチヨシオ]
慶應義塾大学商学部教授

府川哲夫[フカワテツオ]
福祉未来研究所代表(前国立社会保障・人口問題研究所部長)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)