企業統治と会計行動―電力会社における利害調整メカニズムの歴史的展開

個数:
  • ポイントキャンペーン

企業統治と会計行動―電力会社における利害調整メカニズムの歴史的展開

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月10日 06時38分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 372p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130461122
  • NDC分類 540.921

目次

企業統治と会計行動の関係性
第1部 大株主経営者による会計行動―高配当性向政策を可能とした会計行動(1872年~1924年)(株主有限責任制度の誕生―高配当性向政策の前提;東京電灯の高配当性向政策と利益感応型減価償却行動;電力大手5社の高配当性向政策に対応した会計行動)
第2部 「債務契約」―規則的な減価償却行動と会計プロフェッション監査(1925年~1938年)(電力外債における会計契約と規則的な減価償却行動;国内金融機関による経営介入と減価償却費増額及び減配政策;モニターとしての会計プロフェッション監査)
第3部 「政府契約」―総括原価方式(1939年~1954年)(日発時代の低料金と不十分な減価償却;9電力における総括原価方式の形成)
企業統治に果たす会計行動の役割

著者紹介

北浦貴士[キタウラタカシ]
1978年山口県に生まれる。2001年東京大学経済学部経済学科卒業。2012年東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。現在、明治学院大学経済学部経営学科専任講師。博士(経済学)。公認会計士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

戦前期の電力会社の会計行動、株式会社の運営主体と企業統治の問題を、歴史的な観点から明らかにする。

戦前・戦時・戦後復興期の電力会社の会計行動から,誰がどのように株式会社を運営するのかという企業統治の問題に迫る.日本の企業統治において会計行動が果たした役割を歴史的な観点から明らかにする.

序 章 企業統治と会計行動の関係性
第I部 大株主経営者による会計行動:高配当性向政策を可能とした会計行動(1872年?1924年)
第1章 株主有限責任制度の誕生:高配当性向政策の前提
第2章 東京電灯の高配当性向政策と利益感応型減価償却行動
第3章 電力大手5社の高配当性向政策に対応した会計行動
第II部 「債務契約」:規則的な減価償却行動と会計プロフェッション監査(1925年?1938年)
第4章 電力外債における会計契約と規則的な減価償却行動
第5章 国内金融機関による経営介入と減価償却費増額及び減配政策
第6章 モニターとしての会計プロフェッション監査
第III部 「政府契約」:総括原価方式(1939年?1954年)
第7章 日発時代の低料金と不十分な減価償却
第8章 9電力における総括原価方式の形成
終 章 企業統治に果たす会計行動の役割

【著者紹介】
北浦 貴士
北浦貴士:明治学院大学経済学部専任講師