慣習経済と市場・開発―ウズベキスタンの共同体にみる機能と構造

個数:
  • ポイントキャンペーン

慣習経済と市場・開発―ウズベキスタンの共同体にみる機能と構造

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月04日 12時53分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 271p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130460972
  • NDC分類 332.296

目次

序章 慣習経済とは何か
第1章 市場移行の光と影―旧ソ連中央アジア・ウズベキスタンの現状と課題
第2章 プライベート・トランスファー(私的資源移転)―社会保障機能と血縁・地縁
第3章 ウズベキスタンの「マハッラ」―共同体の分析視角
第4章 マハッラの外観―機能的共同体像の視点
第5章 社会的ネットワークの機能と構造
第6章 指導者層の関係性
終章 慣習経済と開発政策の調和を目指して

著者紹介

樋渡雅人[ヒワタリマサト]
1979年沖縄で生まれ、東京、福岡、札幌で育つ。2001年東京大学教養学部卒業。2006年東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。現在、東京大学東洋文化研究所・日本学術振興会特別研究員。博士(学術)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)