長期停滞の経済学―グローバル化と産業構造の変容

個数:
  • ポイントキャンペーン

長期停滞の経済学―グローバル化と産業構造の変容

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月09日 22時57分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 345p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130460880
  • NDC分類 332.107

目次

序章 投資行動の変容とグローバル化の進展からみた長期停滞
第1章 日本経済の長期停滞
第2章 設備投資理論の進展と実証分析の多様化
第3章 設備投資変動と産業連鎖
第4章 金融環境の変化と設備投資変動
第5章 過剰設備、過剰債務、設備投資行動
第6章 IT投資活性化の要因―JIPデータベースを利用した国際比較と実証分析
第7章 IT革命と生産性への寄与
第8章 アジア諸国の均衡為替レート
第9章 景気循環の国際的波及
第10章 持続的貿易黒字と為替レート変動

著者紹介

宮川努[ミヤガワツトム]
学習院大学経済学部教授。独立行政法人経済産業研究所ファカルティー・フェロー(社)日本経済研究センター主任研究員。1978年3月東京大学経済学部卒業。専攻はマクロ経済学、国際マクロ経済学、日本経済論。主要著書に『日本の企業投資と研究開発戦略』(鈴木和志との共著。東洋経済新報社、1986年(第29回日経・経済図書文化賞受賞))など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

1990年代以降,日本経済は「失われた10年」と言われる長期停滞に陥ってきた.供給サイド,主に生産性や企業の利潤率の低下にその理由を求めながら多様なデータに基づく定量的な分析を行い,日本経済を望ましい方向へ導く政策判断の基礎を提供する.