価格変動のマクロ経済学

個数:
  • ポイントキャンペーン

価格変動のマクロ経済学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月09日 14時55分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 238p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130460545
  • NDC分類 331

内容説明

従来のマクロ経済学に大きな変容を迫る激しい現実経済の動きに対応した新たな分析枠組みを提示する試み。気鋭の著者によるオリジナリティーあふれる画期的考察。

目次

第1章 インフレーションとマクロ経済学
第2章 錯覚と経済変動
第3章 動学的不整合性―マクロ経済学におけるゲーム理論的アプローチ(1)
第4章 国際政策協調―マクロ経済学におけるゲーム理論的アプローチ(2)
第5章 内生的景気循環理論―内生的な経済変動
第6章 サン・スポット均衡の理論:内生的な経済変動2
第7章 near‐rationalityと価格変動
第8章 情報の非対称性と株価の乱高下

出版社内容情報

今日の日本経済が直面する諸問題の原因を,従来のマクロ経済学が前提した「価格の硬直性」にではなく,むしろ「価格が必要以上に変動しすぎていること」に求め,一般物価水準と資産価格の大きな変動を伴うマクロ現象を様々な角度から考察する. 日経経済図書文化賞受賞