プロ野球「熱狂」のメカニズム―ファン行動とマネジメントの計算社会科学

個数:

プロ野球「熱狂」のメカニズム―ファン行動とマネジメントの計算社会科学

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2023年11月29日 00時53分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 178p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784130403030
  • NDC分類 783.7
  • Cコード C3034

出版社内容情報

プロ野球の球団ビジネスを,社会科学の手法を用いて分析する.ファン行動の「熱狂」現象の本質を,大量のソーシャルメディアデータから解き明かし,SNSの時代のマーケティングとマネジメントを解説する.

内容説明

プロ野球の球団ビジネスを、社会科学の手法を用いて分析する。ファン行動の「熱狂」現象の本質を、大量のソーシャルメディアデータから解き明かし、SNSの時代のマーケティングとマネジメントを解説する。

目次

1 野球ファンはなぜ野球ファンなのか?―ファンと助け合いの社会心理学
2 バースト現象としての集団的熱狂―いかに起こり、どのように拡散されるのか
3 集団の感情と持続的な熱狂―どう変わっていくのか
4 熱狂を生み出すために―スポーツマネジメントから見たファンの期待と影響
5 熱狂のための最強チームづくり―シミュレーション・モデルと実証分析
終章 「熱狂」研究の行方―プロ野球を超えて

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゼロ投資大学

1
プロ野球は昭和の時代から日本でも屈指の人気コンテンツである。テレビ中継こそ2003年頃から減少傾向にあるものの、会場まで足を運んで生で見る観客は着実に増加をしている。これらは、プロ野球を熱狂的に楽しむコアなファン層の拡大を意味していると言ってよいだろう。2023/08/08

Jey.P.

1
Twitterのビッグデータ分析を中心に、プロ野球ファンの「熱狂」を分析した本。ファン同士の連帯、バースト現象、チーム状況とTweetの関連、熱狂的なファンが求めること、など。割高感はあるが内容自体は興味深いものもあった。バースト現象でよく見られるTweetなどはSNS施策の参考にもなるかもしれない。チームごとのファンのパーソナリティの違いが軽く触れられていたが、これは興味深いがどう解釈していいか難しい。2021/09/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18257135
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。