日本経済の発展と財閥本社―持株会社と内部資本市場

個数:

日本経済の発展と財閥本社―持株会社と内部資本市場

  • ウェブストアに9冊在庫がございます。(2020年10月26日 04時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 298p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130402897
  • NDC分類 335.58
  • Cコード C3033

目次

序章 本書の課題
第1章 明治後半期―多角的事業の定着とコンツェルン組織の形成
第2章 第一次世界大戦期―持株会社の設立とコンツェルン化
第3章 世界大恐慌期―独占体制の展開と財閥組織の変容
第4章 戦時体制から財閥解体へ―必要資金の増大と本社改組
第5章 財閥の企業統治と内部資本市場
終章 財閥本社の機能と内部資本市場

著者等紹介

武田晴人[タケダハルヒト]
1949年東京に生れる。1972年東京大学経済学部卒業。東京大学助教授、教授を経て、東京大学名誉教授、経済学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

明治から第二次世界大戦後にかけて,三井・三菱・住友を対象に,財閥組織の発展過程を解明する.政商を起源として経営多角化を果たし,昭和恐慌期にその地位を高めることになった三大財閥本社の機能に着目し,金融資産操作による内部資本市場の歴史的意義を明らかにする.