国際連盟―国際機構の普遍性と地域性

個数:

国際連盟―国際機構の普遍性と地域性

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月19日 02時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 317p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130362740
  • NDC分類 319.9
  • Cコード C3031

出版社内容情報

国際連盟はなぜ1920年代末から非ヨーロッパ地域に大々的な介入を行うようになったのか.普遍的国際機構としての国際連盟を再検討してその活動の全体像を描き出し,戦間期国際関係史に新たな光を当てる.現代の国連と地域機構との関係にも示唆.

目次

第1章 国際連盟理事会改革における「普遍」と「地域」(国際連盟創設から一度目の理事会拡大まで;常任理事国増員問題の浮上;一九二六年三月理事会の紛糾;連盟理事会構成問題委員会と非常任理事国増員問題)
第2章 中国問題と国際連盟―紛争の国際連盟提起と代表権問題(北京政府期の国際連盟関与構想;中国内戦と代表権問題の浮上;南京国民政府による統一と代表権問題の解消)
第3章 アジア太平洋地域の条約秩序と国際連盟―国際連盟と多国間枠組みの競合と包摂(ワシントン体制と国際連盟;不戦条約の締結と国際連盟;満州事変における国際連盟と九カ国条約・不戦条約)
第4章 ラテンアメリカと国際連盟―チャコ紛争における国際連盟と地域的枠組みの競合(一九二〇年代のラテンアメリカと国際連盟;一九二八年一二月の武力衝突;チャコ戦争開戦と管轄権競合の開始;管轄権の国際連盟への移動とチャコ委員会;連盟規約第一五条の適用と一九三四年一一月特別総会;地域的枠組みへの回帰―ブエノスアイレス交渉へ)
第5章 国際連盟と地域機構の関係設定の試み(国際連盟創設直後の連盟事務局における連盟=地域機構関係の検討;一九二〇年代の地域統合構想の進展と政府レベルにおける連盟=地域機構関係の検討;一九三〇年代の国際連盟―パン・アメリカ会議及び連合との水平的関係公式化の試みと挫折;国際連盟改革論における連盟=地域機構関係)

著者等紹介

帶谷俊輔[オビヤシュンスケ]
1986年神奈川県生まれ。2009年慶應義塾大学法学部政治学科卒業。2017年東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。日本学術振興会特別研究員(DC)、国立公文書館アジア歴史資料センター調査員、東京大学大学院総合文化研究科学術研究員を経て、現在、日本学術振興会特別研究員(PD)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

BLACK無糖好き

19
元々ヨーロッパ地域中心だった国際連盟が理事会の拡大と地域配分制度の導入で、1920年代後半以降普遍的な国際機構としての役割を模索していく。本書は国際連盟による紛争介入の取組みをアジア(満州事変)とラテンアメリカ(チャコ紛争)への対応などを紐解きながら、ユニバーサルな連盟と各地域機構や地域的枠組みとの関係に焦点を当て分析しているところが特徴。著者は、現代の国連と地域機構の関係構築の課題も国際連盟の当時から引き継がれていると指摘している。一方で、地域紛争解決の機構による枠組構築は相当難しいと思われる。2020/11/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13799492
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。