貴族の徳、商業の精神―モンテスキューと専制批判の系譜

個数:

貴族の徳、商業の精神―モンテスキューと専制批判の系譜

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2018年09月26日 02時34分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 319,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130360876
  • NDC分類 311.235
  • Cコード C3031

内容説明

本書は、あえて教科書的な言葉を使うなら「貴族(主義)的リベラリズム」(lib´eralisme aristocratique)と呼ばれる一連の思潮の中に、モンテスキュー(1689―1755)を位置づけるという作業を通して、彼の「自由な国家」論の特質を探求することを主たる目的とする。

目次

序論 問題の所在
第1部 専制権力批判の諸相(政治の再モラル化―フェヌロン;「国民」意識の覚醒―ブーランヴィリエ;メリトクラシーによる新しい位階秩序―アベ・ド・サン=ピエール)
第2部 モンテスキューの「自由な国家」論(三つのデスポティズム批判;イングランドの国制;フランスの君主政;市民の自由)
結論 貴族的精神の所在―ヒエラルヒー秩序から個人主義秩序へ

出版社内容情報

商業の時代に「貴族の徳」の復権を試みた初期啓蒙の思想家たち.貴族的精神のなかに専制に対抗する自由の存立基盤をみたモンテスキューを軸に,転換期に新しい社会の在り方を問うた強力な思想家の営みを描く. 渋沢・クローデル賞受賞