U.P.plus<br> ウクライナ戦争とヨーロッパ―War in Ukraine and Europe

個数:
電子版価格
¥1,870
  • 電書あり

U.P.plus
ウクライナ戦争とヨーロッパ―War in Ukraine and Europe

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 152p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784130333078
  • NDC分類 319.3
  • Cコード C1031

出版社内容情報

ロシアによるウクライナへの侵攻から、2023年2月24日で1年が経過した。この間、この戦争にもっとも影響を受けたヨーロッパはどのように戦争に対処してきたのか。各国・各地域の研究を牽引する気鋭の研究者が、この1年を振り返り現況を再確認するとともに今後のゆくえについても言及する。そして、日本の取るべき対応とは――。

内容説明

戦争はなにを変えたのか。2022年2月24日に始まったロシアによるウクライナ侵攻は、戦後ヨーロッパの国際秩序を根底からゆるがし、巨大な地殻変動をもたらした。本書はヨーロッパ国際関係の視座からウクライナ戦争をめぐる推移について多角的に分析する。

目次

序 ウクライナ戦争はヨーロッパをどう変えたのか
1 ウクライナ戦争が変えたヨーロッパ(ロシアによるウクライナ侵略がEU拡大に及ぼした変化;NATOはどう変わったのか―新たな対露・対中戦略;ウクライナ「難民」危機とEU―難民保護のための国際協力は変わるのか?)
2 ヨーロッパ各国にとってのウクライナ戦争(ウクライナ戦争とイギリス―「三つの衝撃」の間の相互作用と国内政治との連関;ロシア・ウクライナ戦争とフランス;ドイツにとってのロシア・ウクライナ戦争―「時代の転換(Zeitenwende)をめぐって」
ウクライナ戦争とロシア人
ロシア・ウクライナ戦争とウクライナの人々―世論調査から見る抵抗の意思
NATOの東翼の結束と分裂)

著者等紹介

細谷雄一[ホソヤユウイチ]
慶應義塾大学法学部教授。専門は国際政治史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

takao

3
ふむ2024/04/13

バルジ

3
開戦から既に2年近くが経過しウクライナ戦争への注目度も下がる中での貴重な論集。ウクライナ戦争における欧州各国の動向を纏めた中間報告の趣もあり、現段階で抑えるべきポイントは網羅されている。やはり気になるのは各国の「支援疲れ」であろう。この点、終章の広瀬佳和論文で指摘のあるように中東欧の一部にある親露的・中立的傾向と西欧の右派ポピュリズムが合わさるシナリオが現実味を帯びている。ロシアの権威主義を超えたプーチン独裁に対抗できるのか、自由民主主義の「レジリエンス」の真価が問われてくる段階であろう。2024/01/28

hata2

1
ロシア・ウクライナ戦争についての論考や書籍は多少なりとも読んでいるが、NATO東翼の国々の結束と分裂についての論考はあまり読んだ事がなかったので、興味深く読んだ。2024/03/09

Go Extreme

1
ウクライナ戦争はヨーロッパをどう変えたのか:暗黒の大陸 危機の30年 自然権をめぐる軋轢 相互不信と対立の情勢 ウクライナ戦争が変えたヨーロッパ: EU拡大に及ぼした変化 NATOはどう変わったのか―新たな対露・対中戦略 ウクライナ「難民」危機とEU―難民保護のための国際協力 ヨーロッパ各国にとってのウクライナ戦争: イギリス―「三つの衝撃」の間の相互作用と国内政治との連関 フランス ドイツ―時代の転換をめぐって ロシア人 ウクライナの人々―世論調査から見る抵抗の意思 NATOの東翼の結束と分裂2024/02/21

ゼロ投資大学

0
2022年2月に起きたロシアによるウクライナ侵攻は、ヨーロッパにも大きな影響を与えた。NATO加盟国を始めとした西側諸国は、ロシアに制裁を科し、エネルギーをロシアに依存していた国々にとっては大きな負担となった。ウクライナから避難してきた人々への支援も各国が負担しているため、どこまでヨーロッパがウクライナを支えることができるか先が見通せない。2024/01/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20989616
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。