社会科学における善と正義―ロールズ『正義論』を超えて

個数:
  • ポイントキャンペーン

社会科学における善と正義―ロールズ『正義論』を超えて

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年03月30日 20時08分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 358p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130302067
  • NDC分類 301
  • Cコード C3030

目次

社会科学における善と正義
第1部 ロールズと功利主義(ロールズにおける善と正義―リベラル・コミュニタリアン論争再訪;ロールズ『正義論』における契約論的プロジェクト;イギリスにおける功利主義思想の形成―経済社会における一般幸福の意義を通じて;功利主義批判としての「善に対する正の優先」の検討)
第2部 市場と倫理(理論経済学における善と正義―個人と社会の相互作用;分割の正義と不正義)
第3部 民主主義と経済学(社会的選択理論と民主主義;世代間正義の公理的分析―功利主義と世代の不偏的処遇)

著者等紹介

大瀧雅之[オオタキマサユキ]
東京大学社会科学研究所教授。専門は理論経済学

宇野重規[ウノシゲキ]
東京大学社会科学研究所教授。専門は政治思想史・政治哲学

加藤晋[カトウススム]
東京大学社会科学研究所准教授。専門は厚生経済学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ロールズの『正義論』が与えた経済学をはじめとする社会科学への影響を再検討し、政治哲学と経済学の新しい可能性を示す。

政治哲学者ロールズが考察した社会正義の問題はますます重要性を増している.本書は,功利主義批判として知られるロールズの「善」と「正義」の概念について功利主義に基づく経済学との親和性を問い直し,市場と倫理,民主的意思決定の問題を発展的に論じる.政治哲学と経済学の新しい対話.

序 章 社会科学における善と正義(加藤 晋)

第I部 ロールズと功利主義
 第1章 ロールズにおける善と正義(宇野重規)
 第2章 ロールズ『正義論』における契約論的プロジェクト(井上 彰)
 第3章 イギリスにおける功利主義思想の形成(中井大介)
 第4章 功利主義批判としての「善に対する正の優先」の検討(児玉 聡)
  [Book Guide I]
   1 ジョン・ロールズ『ロールズ政治哲学史講義』(小田川 大典)
   2 M. J. サンデル『民主制の不満――公共哲学を求めるアメリカ』(一之瀬 佳也)
   3 チャールズ・テイラー『世俗の時代』(高田宏史)

第II部 市場と倫理
 第5章 理論経済学における善と正義(大瀧雅之)
 第6章 分割の正義と不正義(間宮陽介)
  [Book Guide II]
   1 ソースティン・ヴェブレン『有閑階級の理論』(岡田尚人)
   2 ソースティン・ヴェブレン『特権階級論』(薄井充裕)
   3 J. M. ケインズ『ケインズラジオで語る』(神藤浩明)
   4 J. M. ケインズ『ケインズ説得論集』(玉井義浩)
   5 ミルトン・フリードマン『資本主義と自由』(堀内昭義)
   6 ジル・ドスタレール『ケインズの闘い――哲学・政治・経済学・芸術』(渡部 晶)
   7 ニコラス・ワプショット『ケインズかハイエクか――資本主義を動かした世紀の対決』(高田裕久)
第III部 民主主義と経済学
 第7章 社会的選択理論と民主主義(加藤 晋)
 第8章 世代間正義の公理的分析(釜賀浩平)
  [Book Guide III]  
   1 ドナルド・ウィットマン『デモクラシーの経済学――なぜ政治制度は効率的なのか』(海老名 剛)
   2 J. M. ブキャナン・G. タロック『公共選択の理論――合意の経済論理』(加藤 晋)
   3 R. ドウォーキン『いま民主主義は実現できるか?――新たな政治議論のための原則』(田村正興)
   4 D. アセモグル・J. A. ロビンソン『独裁制と民主制の経済的起源』(加藤 晋)

索引/初出一覧/執筆者紹介

【著者紹介】
大瀧 雅之
大瀧雅之:東京大学社会科学研究所教授