台湾の政治―中華民国台湾化の戦後史 (増補新装版)

個数:

台湾の政治―中華民国台湾化の戦後史 (増補新装版)

  • ウェブストアに13冊在庫がございます。(2021年07月29日 01時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 544p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784130301800
  • NDC分類 312.224
  • Cコード C3031

出版社内容情報

台湾はどこから来て,どこへ行くのか? アジアの要衝として日・米・中のあいだで揺れ続けた歴史を振り返り,さらに2008年総統選を踏まえて未来の方向性をも指し示す.「中華民国台湾化」の視角から,自らのアイデンティティと政治主体の変化に着目して構造変動を描いた通史の決定版.「「中華民国在台湾」から「中華民国台湾」へ――中国の影響力メカニズムと中華民国台湾化の現在」を補論として増補する.

内容説明

「中華民国在台湾」から「中華民国台湾」へ。“アジアの要衝”台湾の政治ドラマを描き、新体制の未来を示した通史の決定版。激動の戦後史を描く。

目次

現代台湾政治への視座
第1部 前提・初期条件・起動 一九四五‐一九八七年(多重族群社会としての台湾―歴史的前提;戦後台湾国家と多重族群社会の再編―初期条件;不条理の亢進と体制手直し―起動過程)
第2部 中華民国台湾化の展開 一九八八‐二〇〇八年(民主体制の設置―「憲政改革」の第一段階;主権国家への指向と民主体制の苦悩―「憲政改革」の第二段階;ナショナリズム政党制の形成と展開;多文化主義の浮上;七二年体制の軋み)
中華民国台湾化と台湾海峡の平和

著者等紹介

若林正丈[ワカバヤシマサヒロ]
1949年長野県に生れる。1972年東京大学教養学部教養学科卒業。1985年東京大学博士(社会学)。1994年東京大学大学院総合文化研究科・教養学部教授。1995年台湾・中央研究院民族学研究所客員研究員。2010年早稲田大学政治経済学術院教授・台湾研究所所長。現在、早稲田大学地域・地域間研究機構台湾研究所顧問、政治大学(台湾)兼任講座教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。