日本憲政史

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 218,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130301473
  • NDC分類 312.1
  • Cコード C3031

内容説明

幕末、明治、大正、戦前昭和の70余年の日本近代史を、憲政史の視点から通観する。

目次

序章
第1章 幕末議会論―土佐要因と薩摩要因
第2章 幕末議会論と大阪会議
第3章 明治一四年の政変
第4章 明治憲法体制の発足
第5章 大正デモクラシーと「憲政」
第6章 政党内閣体制の展開とその限界
第7章 危機の中の「憲政」
第8章 天皇機関説的独裁か天皇主権説的憲政常道か
第9章 合法ファッショ、協力内閣、人民戦線
終章 戦前憲政史の終幕

著者等紹介

坂野潤治[バンノジュンジ]
1937年横浜に生れる。1963年東京大学文学部国史学科卒業。1968年東京大学大学院人文科学研究科博士課程を中退。東京大学社会科学研究所教授、千葉大学法経学部教授を経て、東京大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。