日本政治思想史研究

個数:

日本政治思想史研究

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年07月07日 20時32分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 406,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130300056
  • NDC分類 311.21
  • Cコード C3031

出版社内容情報

日本近世社会における正統的な儒教的世界観の内面的崩壊過程を問題史的に解明し,〈自然〉〈作為〉の対抗の中に日本思想の近代化の型を探求.戦後の日本思想史研究の道を切り開いた古典的名著.新装版 毎日出版文化賞受賞

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

傘緑

24
呉智英(封建主義者にして白川静の圧倒的な讃美者)の『危険な思想家』の中に、本書は気持ち悪いくらいの讃美を受けている。思想に関して全くのズブの素人である私の感想もまた、『危険な思想家』の延長線上にあることを断っておきたい。本論文にかかる丸山眞男の問題意識は、なぜ幾多の革命や国家転覆を経験した支那の歴史は、フランス革命のような思想面でのダイナミックな変革を産まなかったのか?近似な文化圏(儒教)にある日本は、なぜ近代化を成し得たのか?丸山はその背後にある儒教(朱子学)という思想に迫っている。(以下コメント欄へ)2016/11/05

Ikkoku-Kan Is Forever..!!

3
再読。どういう意味においてこの本は古典なのか。まず上げられるのは、本書が「日本政治思想史」という学問を創出したこと。その意味は、この本が日本における公私問題の最初であるということでもある。西欧政治思想史をトレースしながら後期スコラ哲学がトマス主義に果たした役割を徂徠・宣長学に見出し、その政治的主体の創出(儒教の政治化)が逆説的に政治主体の歴史的相対化を促すというその論理は、一面で近代的思惟の指摘でありつつ日本における公と私が公の一方的突出に終わること(明治思想史の主旋律)も示し、今日の公共性論につながる。2017/05/04

スズツキ

3
超難解。今年読んだ本で最も苦戦しました。旧かな遣い、膨大な量の古文漢文からの原文引用、馴染みの薄い在野の江戸思想家と伝統思想との対比……他の丸山作品は楽しみながら読めるけど、これは手強すぎますわい。2015/07/23

Ikkoku-Kan Is Forever..!!

3
今、ベラーと比較しながら読み返してる。丸山はベラーに対して怒るわけだけど、『研究』のなかで、公私の分化という点で近代意識の萌芽を讃えつつ、江戸期を通じて資本主義の未発達というか前近代性を痛烈に批判するという、このジレンマは何かと考えれば、徂徠の作為の論理が生んだ<魔物>の可能性として丸山は①革命②内部崩壊の二点を挙げつつ、資本主義の未発達故に、①は有得ず(外圧という別の要因で明治革命)②が進行しつつも限界があるってことでしょ?すると、結局、丸山の目指した<自由>はベラ-の<経済>と被るんだよなあ、と。2014/05/12

home alone

3
丸山の一番最初(?)の本だけど、一番良かった。日本政治思想史は彼から始まったらしい。素晴らしい。朱子学の解体と国学に関しては異論が結構あるらしいが。とにかく素晴らしい本であった。ただ、古文がバンバン出てきてその部分はあんま意味分かんなかった2012/12/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/34761

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。