キリシタン時代の偶像崇拝

個数:
  • ポイントキャンペーン

キリシタン時代の偶像崇拝

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月09日 01時15分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 350,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130266055
  • NDC分類 198.221

目次

序章 偶像崇拝とは何か
第1章 倫理神学上の偶像崇拝―ナバーロとスアーレスの議論
第2章 日本人キリシタンの行動規範―ロドリゲスの偶像崇拝論
第3章 主従関係と殺人の論理―ヴァリニャーノとゴメスの偶像崇拝論
第4章 聖職者の倫理をめぐって―ある内部告発文書の分析
第5章 迫害下の信仰告白―偶像崇拝論からの独立
第6章 典礼問題に与えた影響―ルビノの偶像崇拝論
終章 日本の偶像崇拝論の特質

著者紹介

浅見雅一[アサミマサカズ]
1962年東京都に生まれる。1990年慶應義塾大学大学院文学研究科修士課程修了。2002年東京大学史料編纂所助教授。現在、慶應義塾大学文学部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

イエズス会が導入した適応主義型布教政策による日本独自のキリスト教倫理構築の過程を考察。潜伏キリシタンの歴史的背景に迫る。