• ポイントキャンペーン

近世の土地制度と在地社会

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 305,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130266048
  • NDC分類 210.5

目次

第1部 土地制度史研究の到達点と課題―畿内近国を対象に(戦国期の土地制度;太閤検地と年貢収取法;近世初期の村落構成)
第2部 近江における土地制度の展開(戦国・織豊期の土地制度と「小領主」―近江国余呉庄東野家を事例として;江北の土地制度と井戸村氏の土地所有;近世初頭の村落構成と土地制度;村の近世化と侍衆・庄屋―近江国野洲郡三上村において)
第3部 信州東部における在地社会構造(寛永期の金融と地域社会;近世初期の宿、その構成と展開;近世村落の村運営と村内小集落―信州左久郡下海瀬村を事例として)

著者紹介

牧原成征[マキハラシゲユキ]
1972年愛知県蒲郡市に生まれる。1994年東京大学文学部卒業。1999年東京大学大学院人文社会系研究科単位取得の上、退学。日本学術振興会特別研究員(PD)を経て、2003年博士(文学)。宇都宮大学教育学部助教授

出版社内容情報

戦国期から近世成立期を中心に,近江,信州を対象として地域社会の構造を明らかにするとともに,その具体相を描き出す.厚い蓄積をもつ土地制度史の現在にいたる研究史を批判的に総括し,中世から近世への移行の意義を根本から見定める視座を提示する労作.