憲政から見た現代中国

個数:

憲政から見た現代中国

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年11月25日 00時08分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 317p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130261586
  • NDC分類 312.22
  • Cコード C3022

目次

序論 光緒新政から改革開放へ
第1部 歴史のなかの中国憲政(清室優待条件から見た民国初期の憲政体制;デモクラシーとミリタリズム―民国知識人の軍事・社会観;中国憲政とハンス・ケルゼン―法治をめぐって ほか)
第2部 社会主義憲政の模索(法学者・政治学者と一九五四年憲法の制定;中国社会と選挙―一九五四年の人民代表大会選挙を中心として;団結、憲法、四つの現代化―一九七五年の歴史的意味)
第3部 中華圏に播かれた憲政の種(憲政史の連続と断絶―王造時における民国時代の「遺産」;経済学者と社会主義憲政論―一九五七年の意見書草稿をめぐって;台湾憲政文化のための歴史記憶―『自由中国』を中心として ほか)

著者等紹介

中村元哉[ナカムラモトヤ]
1973年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了(博士(学術))。津田塾大学学芸学部国際関係学科・教授:中国近現代史、東アジア国際関係論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

国家の根本法である憲法はいかにあるべきか.社会主義を選択した中国において,民主主義やそれを制度化する憲政がどのように扱われ,認識されてきたのか.20世紀から現代を射程に近現代中国を,憲政をキーワードに日中の研究者が香港・台湾との関連もふまえて歴史的に考察する.

序論 光緒新政から改革開放へ(中村元哉)



第I部 歴史のなかの中国憲政

第1章 清室優待条件から見た民国初期の憲政体制(村田雄二郎)

第2章 デモクラシーとミリタリズム――民国知識人の軍事・社会観(小野寺史郎)

第3章 中国憲政とハンス・ケルゼン――法治をめぐって(中村元哉)

第4章 現代中国法学教育の起源(王貴松/杉谷幸太訳)



第II部 社会主義憲政の模索

第5章 法学・政治学者と一九五四年憲法の制定(孫宏雲/戸部 健訳)

第6章 社会と選挙――一九五四年の人民代表大会選挙を中心として(水羽信男)

第7章 団結,憲法,四つの現代化―― 一九七五年の歴史的意味(孫揚/泉谷陽子訳)



第III部 中華圏に播かれた憲政の種

第8章 憲政史の断絶と連続――民国期の遺産(章清/村田雄二郎訳)

第9章 経済学者と社会主義憲政論―― 一九五七年の意見書草稿をめぐって(久保 亨)

第10章 台湾憲政文化のための歴史記憶――『自由中国』を中心として(潘光哲/森川裕貫訳)

第11章 自由なくして生きる道なし―― 一九五〇年代の香港と『自由陣線』(區志堅/古谷 創訳)



関連年表



Reconsidering Modern China: A Constitutional Perspective

Motoya NAKAMURA, Editor

中村 元哉[ナカムラ モトヤ]
編集