近代中国研究入門

個数:
  • ポイントキャンペーン

近代中国研究入門

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 265,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130220248
  • NDC分類 222.07

内容説明

必読文献の案内から史料の読み方まで、中国理解の鍵となる「近代」の解明に向け、多岐に亘る学習の要点を示した最良の道案内。

目次

序章 研究の前提と現実
第1章 社会史
第2章 法制史
第3章 経済史
第4章 外交史
第5章 政治史
第6章 文学史
第7章 思想史
座談会 近代中国研究の現状と課題

著者紹介

岡本隆司[オカモトタカシ]
1965年生まれ。京都府立大学文学部准教授。主要著書『近代中国と海関』(名古屋大学出版会、1999、大平正芳記念賞受賞)、『属国と自主のあいだ―近代清韓関係と東アジアの命運』(名古屋大学出版会、2004、サントリー学芸賞受賞)

吉澤誠一郎[ヨシザワセイイチロウ]
1968年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

現代中国を広く深く知るために――最高の執筆陣が贈る近代中国研究必携の入門書。

現代中国を深く理解する手掛かりは,近代の中国にある――中国の本質に迫る学習の手引として,備えるべき研究書・工具書・史料を紹介するとともに研究上の留意点について丁寧に解説する.中国研究のみならず,隣接分野の探究を志す学生・大学院生,一般読者に贈る必携の入門書.

序 章 研究の前提と現実(岡本隆司)
第一章 社会史(吉澤誠一郎)
第二章 法制史(西 英昭)
第三章 経済史(村上 衛)
第四章 外交史(岡本隆司)
第五章 政治史(石川禎浩)
第六章 文学史(齋藤希史)
第七章 思想史(村田雄二郎)
座談会 近代中国研究の現状と課題(執筆者全員)

【著者紹介】
岡本隆司:京都府立大学文学部准教授