乳児期における社会的学習―誰からどのように学ぶのか

個数:

乳児期における社会的学習―誰からどのように学ぶのか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年10月26日 04時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 170p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130161220
  • NDC分類 376.11
  • Cコード C3011

内容説明

学びの対象・情報源としてヒトは特別?!どうすればロボットからも学習できる?アイコンタクトや言語が学習に及ぼす影響とは?ヒューマノイドロボットや方言を用いたユニークな研究が描き出す新たな学習科学への展望。

目次

乳児期における社会的学習研究の動向
第1部 誰から学習するか―情報源としてのエージェント(ヒトからの学習は特別か(研究1)
ヒトとロボットの視線からの影響力の差異(研究2)
ロボットからの学習は可能か(研究3))
第2部 どのように学習するか―視線と言語という明示シグナル(物体学習場面でのアイコンタクトの効果(研究4)
視線追従・物体認識と語彙獲得の関連(研究5)
前言語期における方言話者への社会的選好(研究6))
乳児期における社会的学習の成立要因

著者等紹介

奥村優子[オクムラユウコ]
2008年京都大学文学部卒業。2011年京都大学大学院文学研究科修士課程修了。2014年京都大学大学院文学研究科博士課程修了、博士(文学)。現在、NTTコミュニケーション科学基礎研究所研究主任。京都大学総長賞(2014年)、京都大学たちばな賞(優秀女性研究者賞)奨励賞(2014年)、日本赤ちゃん学会Young Investigator’s Award(2018年)受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

情報源としてのヒトの特異性(誰から),視線や言語などのコミュニカティブな手がかりが与える影響(どのように)という観点で,他者からの学習のメカニズムの発達に迫る.ロボットや方言を用いたユニークな研究で,新たな学習科学を展望する意欲作.