知の生態学の冒険J・J・ギブソンの継承<br> 知の生態学の冒険 J・J・ギブソンの継承〈7〉想起―過去に接近する方法

個数:

知の生態学の冒険J・J・ギブソンの継承
知の生態学の冒険 J・J・ギブソンの継承〈7〉想起―過去に接近する方法

  • 提携先に5冊在庫がございます。(2022年08月10日 08時31分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 254p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784130151870
  • NDC分類 141.34
  • Cコード C3311

出版社内容情報

過去を思い出す行為である想起を通じて、想起者の体験へと接近し得る可能性を追求する。記憶痕跡論や記憶構成論等の主張を批判的に辿り、ギブソンの生態学的知覚論を経由することで「生きている想起」を説明可能な新たな記憶・想起論=生態学的想起論を構想する。

内容説明

「入れ子になった二重の身体と環境(自己)を同時に知覚することが想起である」これまで紡がれた記憶論を批判的に辿り、「生きている想起」を説明可能な新たな生態学的想起論を構想する。

目次

第1章 エビングハウスと記憶の実験室研究(記憶の実験心理学の誕生;方法論的行動主義へ ほか)
第2章 バートレットを再構成する(バートレット、エビングハウスに抵抗する;スキーマ論―未完のアイデア ほか)
第3章 ナイサーの日常記憶研究(認知心理学の先駆者;生態心理学と認知心理学の間で ほか)
第4章 環境と接触した体験の想起(回復する身体;偽りの記憶 ほか)
第5章 想起の新しい理論(想起の理論化の試み;環境と身体 ほか)

著者等紹介

森直久[モリナオヒサ]
札幌学院大学人理学部教授。博士(人間・環境学)。専門は生態心理学、社会心理学、教育工学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。