ヨーロッパ文明批判序説―植民地・共和国・オリエンタリズム (増補新装版)

個数:

ヨーロッパ文明批判序説―植民地・共和国・オリエンタリズム (増補新装版)

  • 出版社からお取り寄せいたします。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 512p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130101332
  • NDC分類 230.04
  • Cコード C3010

内容説明

「近代ヨーロッパ批判」三部作、完結!『ヨーロッパ文明批判序説』『近代ヨーロッパ宗教文化論』『評伝スタール夫人と近代ヨーロッパ』を貫くものとは。「ゆるやかな三部作をめぐって」を増補

目次

第1部 島と植民地(一八七〇年代の地球儀とポリネシア幻想;「絶海の孤島」から「愛の楽園」まで;黒人奴隷と植民地;フランス共和国の奴隷制廃止派たち)
第2部 言説としての共和国(国境の修辞学―ミシュレの方へ;「ナショナル・ヒストリー」から「国民文学」へ―ヴィクトル・ユゴーを求めて;共和国の辞典―ピエール・ラルースをめぐって)
第3部 キリスト教と文明の意識(知の領域としてのオリエント;セム対アーリア;記述されたイスラーム世界;非宗教性の時代のキリスト教)

著者紹介

工藤庸子[クドウヨウコ]
1944年浦和生まれ。1969年東京大学文学部卒業。東京大学大学院総合文化研究科教授(地域文化研究)、放送大学教授をへて現在、東京大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

※「解説」のコピペです【要編集】↓
光輝くキリスト教文明と,暗闇としてのイスラーム世界? いまなお揺るぎないヨーロッパのアイデンティティの淵源とは? ミシュレ,ユゴー,ルナン…近代の多様な言説の徹底した分析を通して,「ヨーロッパ」・「近代」に迫る比類なき挑戦の書.光輝くキリスト教文明と,暗闇としてのイスラーム世界? いまなお揺るぎないヨーロッパのアイデンティティの淵源とは? ミシュレ,ユゴー,ルナン…近代の多様な言説の徹底した分析を通して,「ヨーロッパ」・「近代」に迫る比類なき挑戦の書.「ゆるやかな三部作をめぐって」を増補する.初版2003年.

第I部 島と植民地

 1 1870年代の地球儀とポリネシア幻想

 2 「絶海の孤島」から「愛の楽園」まで

 3 黒人奴隷と植民地

 4 フランス共和国の奴隷制廃止派(アボリシオニスト)たち

第II部 言説としての共和国

 1 国境の修辞学――ミシュレの方へ

 2 「ナショナル・ヒストリー」から「国民文学」へ――ヴィクトル・ユゴーを求めて

 3 共和国の辞典――ピエール・ラルースをめぐって

第III部 キリスト教と文明の意識

 1 知の領域としてのオリエント

 2 セム対アーリア

 3 記述されたイスラーム世界

 4 非宗教性(ライシテ)の時代のキリスト教



Prologue a une Critique de la Civilisation Europeenne

Yoko KUDO

工藤 庸子[クドウ ヨウコ]
工藤 庸子
工藤庸子: