芸術を創る脳―美・言語・人間性をめぐる対話

個数:

芸術を創る脳―美・言語・人間性をめぐる対話

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年10月24日 22時36分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 258p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784130033718
  • NDC分類 701.4
  • Cコード C1000

出版社内容情報

「音楽」「将棋」「マジック」「絵画」の第一人者と、気鋭の言語脳科学者による知的興奮に満ちた対話集。

芸術には人びとの心を打つ,何か根源的な力が存在する――「音楽」「将棋」「マジック」「絵画」で作品や技術が生み出される過程や,そうした創造的能力に必要な脳の条件とはどういうものか.人間の言語能力を手がかりにして,美的感覚というものを背景とした「芸術の力」の核心に迫る.各分野の第一人者と,気鋭の言語脳科学者による知的対談.

はじめに――脳はどのように芸術を生み出すか
I なぜ音楽は楽しいのか(曽我大介)
対談を終えて――意外性に満ちた創造の現場
II なぜ将棋は深遠なのか(羽生善治)
対談を終えて――芸術性が分かる人間の感覚
III なぜマジックは不思議なのか(前田知洋)
対談を終えて――脳が不思議を感じるとき
IV なぜ絵画は美しいのか(千住 博)
対談を終えて――生きる活力としての芸術
おわりに――人間・言語化・対話という共通性

【著者紹介】
酒井 邦嘉
酒井邦嘉:東京大学大学院総合文化研究科教授

内容説明

創作の源泉となる脳の秘密とは?作品や技法を生み出す能力とは?人びとの心を打つ、芸術の力の核心に迫る!

目次

1 なぜ音楽は楽しいのか(曽我大介(指揮者、作曲家))(感覚と感情を揺さぶる音楽;指揮者とF1レーサーの関連性 ほか)
2 なぜ将棋は深遠なのか(羽生善治(将棋棋士))(将棋と語学の上達;将棋と言語の奥深い共通性 ほか)
3 なぜマジックは不思議なのか(前田知洋(クロースアップ・マジシャン))(緊張を観客に悟らせない;よいマジックの条件とは? ほか)
4 なぜ絵画は美しいのか(千住博(日本画家))(なぜ芸術が必要なのか;芸術と学問の問いかけ ほか)

著者等紹介

酒井邦嘉[サカイクニヨシ]
言語脳科学者。1964年東京生まれ。1992年東京大学大学院理学系研究科博士課程修了、理学博士。1992年東京大学医学部助手、1996年マサチューセッツ工科大学客員研究員、1997年東京大学大学院総合文化研究科助教授・准教授を経て、2012年より東京大学大学院総合文化研究科教授。2013年より同理学系研究科物理学専攻教授兼任。2002年第56回毎日出版文化賞、2005年第19回塚原仲晃記念賞を受賞。専門は言語脳科学および脳機能イメージング

曽我大介[ソガダイスケ]
指揮者、作曲家。ルーマニア放送響首席客演指揮者、東京ニューシティ管首席指揮者を歴任

羽生善治[ハブヨシハル]
将棋棋士。2013年現在、全7タイトル戦のうち竜王戦を除く6つでの永世称号の資格の保持者

前田知洋[マエダトモヒロ]
クロースアップ・マジシャン。優れたマジャンに贈られる厚川昌男賞、マジシャン・オブ・ザ・イヤーなどを受賞

千住博[センジュヒロシ]
日本画家。京都造形芸術大学教授、元同大学学長。第46回ヴェネチア・ビエンナーレにて東洋人として初の名誉賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kokada_jnet

51
言語脳科学者の著者・酒井邦嘉(なぜかこの画面に氏名が非表示)による、指揮者(曽我大介)、将棋棋士(羽生善治)、マジシャン(前田知洋)、日本画家(千住博)との対談をまとめた本。著者が、各分野についての、かなり詳しい知識をもった上で、専門家たちの本音を引き出すための、深い問いかけをしているので。刺激的な対話となっている。羽生さんの脳内にある将棋盤は、盤面全体ではなく、盤を四分の一に分けたものが基本なのか。著者が「自分と一番、思考法が似ている」と書いている、日本画家・千住氏との対談が、少しものたりない感じ。2021/09/15

izw

16
言語脳科学を専門とする酒井邦嘉が4分野の芸術の第一人者と対談し、芸術の創作と鑑賞、言語の関係を探っている。仮説が3つ、①芸術は人間固有の脳機能によって生まれる。②芸術は日本の言語機能を基礎とする。③美的感覚は芸術を支える心の機能である。芸術4分野は、音楽、将棋、マジック、絵画。対談相手は、指揮者・作曲家曽我大介、将棋棋士羽生善治、クロースアップマジシャン前田知洋、日本画家千住博。この4分野にわたる酒井の造詣の深さに驚かされる。2014/09/25

おせきはん

14
言語脳科学者と音楽家、将棋棋士、マジシャン、画家との対談から、人間と芸術の関係、言語化の重要性を明らかにしようとしています。千住博氏の「『こんな単純なことが、実は本当に必要で大切なんだ』ということに気づかせるのが、とても大事なポイントです」という発言は、最近、私が仕事をしていて大切だと考えていたことを端的に言語化していました。これまで接点のなかったマジシャンの世界に触れることも通じて、芸術の奥の深さを感じることができました。2019/03/06

りー

4
インタビュアーは、言語脳科学者。音楽・将棋・マジック・絵画の第一人者との対談を通し、副題の「美・言語・人間性」に迫る内容。お目当ては千住さんと羽生さんでしたが、前田さんのインタビューがとても面白かった。居合や合気道からマジックの動きを考えている。確かに武道は、脳内シミュレーションを繰り返し行う&集中力の瞬間的な開放という面でいくと近いかも。心に残ったのは、千住さんとの対談で引用されていたベートーベンの「心から生まれ、願わくは再び、心に至らんことを」という言葉。表現者の真の願いをこれだけで表している。2018/08/03

フィ

4
音楽、将棋、マジック、絵画の一人者との対談形式。芸術における創作過程では言語化されない部分が大きいが、言語の能力、認知機構との関連や相同性があることを示唆していた。ただ、芸術活動ではやはり無意識過程が多く占めており、その辺は良く考えたいものだ。2014/02/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7686565

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。