C・novels
続巷説百物語

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 763p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784125008165
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0293

出版社内容情報

何度も生き返る極悪人、消えた花嫁―江戸の闇を鈴の音が切り裂くとき、人の世で裁けぬ悪が裁かれる!

内容説明

西に怪しき噂を聞けば馳せ参じ、東に珍しき事件あらば飛んで駆けつける。諸国を巡り怪談話を蒐集する山岡百介が出会った御行の又市一味。人心を巧みに弄して思いのままに物怪を現出せしめるような連中だが、闇に生きる彼らにしか、裁けぬ悪がある。妖物・野襖を吹き付けてくるという野鉄砲、打ち首にしても首が繋がって生き返る悪党、行き合う者は命を落とすという七人みさき―。

著者等紹介

京極夏彦[キョウゴクナツヒコ]
1963年、北海道小樽市生まれ。94年『姑獲鳥の夏』で作家デビュー。96年『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、97年『嗤う伊右衛門』で泉鏡花文学賞、2003年『覘き小平次』で山本周五郎賞をそれぞれ受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

昼と夜

19
【再再再読】語ります。船幽霊→死神→老人火の流れが秀逸過ぎて泣ける。又市が唯一「百介さん」て呼ぶ場面を経ての老人火にまんまと夏彦さんの企てに嵌まった気がして悔しいけど。ちょっと夏彦さん、巷説シリーズ早く新作出して下さいよ、巷説としては西で終了だけどキャラ重視ものとしては書きたいっていってたの楽しみにしてるんです、百介もおぎんちゃんも治平さんも又市さんもみんな好きなんです。そして西の単行本で付けてくれた巷説百物語シリーズ解説書。年表と物語の舞台が使える子過ぎてうちの家宝状態。2013/09/04

11
二日かけて読みました。読了後は何とも言えぬ苦さ…。切ない…。こちらは前作と比べ、かなり読みやすかったです。主要キャラが際立っていました。話の中で一番戦慄したのは「死神」。(少しネタばれ?→)人の心に棲まう魔が実態となり妖怪となる…。2010/08/01

Sally

5
遠巷説百物語から巷説百物語、そして本作へ遡上再読。「孤者異」までは、百介の兄軍八郎も出てきたりで前作に近い落とし噺の趣も。「飛縁魔」からは章立てされてはいるが怒涛の長編に。過去と現在に絡まる因縁、あえて前作と時系列を混ぜこぜにした組み立て、終章に向かって帳尻を合わせていく又市の御行っぷり。人の営みに大団円はありえない、一旦区切りがついてまた続いていく、いいこともそうでないことも。今の時点でわたし的京極夏彦氏ベスト。2021/09/12

夏子

5
大好きな「巷説」シリーズの中でも一番好きな一冊。 何度読んでもラストの描写の美しさと悲しさに胸が一杯にになる。2015/06/23

sayzk

5
一つ一つ独立した短編数編と言うより一つの物語のようであった。結末理解仕切れなかった。みっともないですね。百鬼夜行シリーズよりは時代物らしくい勧善懲悪的な魅力ありと感じた。しかし、そこは京極さん、簡単な勧善懲悪物ではないひねりがまた中毒をおこします。2013/10/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/510868

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。