• ポイントキャンペーン

Marble books
特撮仕事人―仮面ライダー、スーパー戦隊シリーズの特撮監督が明かす、撮影の裏側 特撮監督佛田洋の世界

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 262p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784123903424
  • NDC分類 778.21

内容説明

仮面ライダー、スーパー戦隊シリーズを手掛ける特撮研究所・佛田洋のロングインタビューをたっぷり収録した一冊。

目次

第1章 特撮との出会い(ミニチュアにこだわる理由;ミニチュア愛の原点 ほか)
第2章 仮面ライダー(『仮面ライダー』との関わり;『仮面ライダーBLACK』『仮面ライダーBLACK RX』 ほか)
第3章 スーパー戦隊シリーズ(戦隊にとって大事なのは直球勝負!;戦隊特撮の変遷と炸裂するミニチュア魂 ほか)
第4章 映画(『北京原人Who are you?』で挑んだ一般映画の特撮;大女優・吉永小百合と交わる特撮監督の不思議な人生 ほか)

著者紹介

佛田洋[ブツダヒロシ]
特撮研究所代表。1961年10月10日生まれ。熊本県山鹿市出身。九州大学工学部資源工学科を卒業。卒業後は一般企業の内定を断り上京。飛び込みで特撮研究所の美術助手のアルバイトに。後に特撮監督・矢島信男氏に師事し、28歳のときに『高速戦隊ターボレンジャー』で絵コンテデビュー。1990年の『地球戦隊ファイブマン』で初の特撮監督デビューを果たす。2002年『仮面ライダー龍騎』より仮面ライダーシリーズも手掛ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)