中公文庫<br> 52ヘルツのクジラたち

個数:
電子版価格 ¥814
  • 電書あり

中公文庫
52ヘルツのクジラたち

  • ウェブストアに824冊在庫がございます。(2024年02月25日 17時08分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 312p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784122073708
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C1193

出版社内容情報

2021年本屋大賞第1位。待望の文庫化。



52ヘルツのクジラとは、他のクジラが聞き取れない高い周波数で鳴く世界で一匹だけのクジラ。何も届かない、何も届けられない。そ

のためこの世で一番孤独だと言われている。

自分の人生を家族に搾取されてきた女性・貴瑚と、母に虐待され「ムシ」と呼ばれる少年。孤独ゆえ愛を欲し、裏切られてきた彼らが出会い、新たな魂の物語が生まれる――。

〈解説〉内田剛

内容説明

52ヘルツのクジラとは、他のクジラが聞き取れない高い周波数で鳴く世界で一頭だけのクジラ。何も届かない、何も届けられない。そのためこの世で一番孤独だと言われている。自分の人生を家族に搾取されてきた女性・貴瑚と、母に虐待され「ムシ」と呼ばれる少年。孤独ゆえ愛を欲し、裏切られてきた彼らが出会い、魂の物語が生まれる。2021年本屋大賞第1位!

著者等紹介

町田そのこ[マチダソノコ]
1980年生まれ。「カメルーンの青い魚」で第15回「女による女のためのR‐18文学賞」大賞を受賞。2017年に同作を含む『夜空に泳ぐチョコレートグラミー』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

のり

275
心の内・声無き叫びを汲む事は非常に難しい。生きながら死に体になった者を救い上げた人がいたが、悲しい別れとなった。再び底に沈んだ中、一人の少年と出会い、心の持ち方が前向きになる。助けられる側から、助ける側へと…あまりにも理不尽な扱い方をされてきた二人にも、手を差し伸べ諌めてくれる友や知人もいる。二年後を見据えて、取り巻く環境が好転することを祈る。2023/08/21

エドワード

263
もし私の声の周波数が他の人と全く違えば、私の声は誰にも届かない。クジラは超音波で交信する。52ヘルツのクジラは他のクジラと交信できない。何と孤独な生命だろう。大分県の海辺の街。昔、祖母の住んでいた家へ、東京から移住してきた訳ありの女性、貴湖。ある日、身体中に痣のある少年を助ける。実母から<ムシ>と呼ばれ、声を出せない少年。家族から虐げられた貴湖と少年は「魂の番(つがい)」のごとく寄り添う。理不尽な人々。優しい人々。この社会はままならないことばかりだ。涙があふれてしょうがない。二人の明るい未来を祈る。2023/06/19

Atsushi

242
悲しいかな、日常茶飯事になった子どものニュースがふたつ。いじめを苦にした自殺と虐待だ。理不尽な虐待を受けて育った女性と少年のお話。その悲しい生い立ちには心が痛む。52ヘルツの声は届かないけれど「魂の番」は必ず見つかる。寄り添い支え合うことを誓ったふたりの未来に幸あれ。2023/07/22

ちゃあぼう

170
過去に虐待を受け、そこから助け出され以前に祖母が暮らしていた場所へやってきた貴瑚と現在虐待に遭っている愛の暮らしを描いているが二人の虐待を受けている描写が悲惨で、何か救いようのない話を読んでいるようでちょっと憂鬱な気持ちになってしまった。しかし、貴瑚の周りの人たちの手を借り良い方向に進んで物語は終了するので最後はほっとできました。それでも、子供を保護するためには現実には困難なことが多くあることも描かれており、勉強にもなった。助けが必要な人に手を差し伸べられる人にならなくてはいけないなと思える作品でした。2023/08/11

納間田 圭

145
愛を注ぎ注がれる…たった一人の”魂の番(つがい)”のような人との出会い。普通のクジラの周波数は 10~39ヘルツ。なので…52ヘルツで叫ぶクジラの声は誰にも届かない。世界で一番孤独なクジラ。その声は広大な海で確かに響いている。今どこかの海で届かない声を待ちながら自分の声を届けようと歌っている。あまりにも切羽詰まりの高音すぎ。愛と書いて「いとし」…と読む彼。アンさんの…彼であり彼女でもある衝撃的なカミングアウト。心と体の乖離。罪滅ぼしって…何?。失う恐怖より…自分の中で押しとどめられる痛みを我慢する方がいい2023/06/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21172141
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。