中公文庫<br> ラバウル戦線異状なし―現地司令長官の回想

個数:

中公文庫
ラバウル戦線異状なし―現地司令長官の回想

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年06月29日 21時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 288p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784122071261
  • NDC分類 916
  • Cコード C1195

出版社内容情報

ガダルカナル撤退後、最前線基地の防備と航空戦の継続という使命を負った草鹿は、補給が途絶えても破損機を修理して航空戦を展開、食料と生活必需品、さらには火薬や魚雷までを自力で生産する。また敬愛する山本長官の戦死、陸軍との友好関係が描かれる。巧みな人材登用によって終戦までを自給自足で戦い抜いたサバイバル戦記。<解説>戸髙一成




目次


1 まえがき(戦況のあらまし)


2 明朗豁達一意邁進


3 陸海軍の協同戦線


4 火山研究所と科学者の良心


5 嗚呼山本元帥


6 南東方面艦隊の歌


7 武功抜群


8 漂流記


9 気象観測


10 民政部の人々


11 洞窟生活(陣地構築)


12 施設作業の苦労


13 いかもの食い


14 現地自活


15 兵器類の製造


16 教育訓練の問題


17 医務衛生のはなし


18 珍客待てども来らず


19 輸送潜水艦の労苦


20 鼠輸送、蟻輸送


21 ラバウル海軍航空隊


22 終戦の憾み

内容説明

ガダルカナル撤退後、最前線基地の防備と航空戦の継続という使命を負った草鹿は、補給が途絶えても破損機を修理して航空戦を展開、食料と生活必需品、さらに火薬や魚雷までも自給自足で生産する。また敬愛する山本五十六長官の戦死、陸軍の今村均大将との連携が描かれる。巧みな人材登用によって終戦までを戦い抜いた回顧録。

目次

まえがき(戦況のあらまし)
明朗豁達一意邁進
陸海軍の協同戦線
火山研究所と科学者の良心
嗚呼山本元帥
南東方面艦隊の歌
武功抜群
漂流記
気象観測
民政部の人々
洞窟生活(陣地構築)
施設作業の苦労
いかもの食い
現地自活
兵器類の製造
教育訓練の問題
医務衛生のはなし
珍客待てども来らず
輸送潜水艦の労苦
鼠輸送、蟻輸送
ラバウル海軍航空隊
終戦の憾み

著者等紹介

草鹿任一[クサカジンイチ]
1888(明治21)年、石川県生まれ。1909(42)年海軍兵学校卒業。『扶桑』艦長、砲術学校長、第一航空戦隊司令官などを歴任。40(昭和15)年中将。翌年海軍兵学校校長。42(17)年10月、第十一航空艦隊司令長官としてラバウルに赴任、同年12月、南東方面司令長官を兼務する。43(18)年、ラバウルが連合軍に包囲され、終戦まで在任、現地に留まり、武器・食料・必需品を自給自足した。戦後は戦没者の援助、遺骨収集などにつくす。72(47)年没。享年84(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

さきん

30
ガナルカナル島撤退、パラオ大空襲により、完全に制空権、制海権を失った海軍、陸軍は、補給を得られずもはや生活を維持するだけ流浪の民と化した。陸軍大将の今村均氏と連携しながら、自給体制確立に励む日々。戦争どうのこうのよりもひたすらそのためにおこなった研究や方策が綴られている。千葉県出身の冷凍庫を作る兵士や梅干しの代替品を開発したり、ハマユウを治療に使う者など職業軍人よりも民間人の活躍が著しい。梅干しの代替品なるものは食べてみたい。2021/11/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18678534

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。