中公文庫<br> 漂流物・武蔵丸

個数:
電子版価格
¥990
  • 電書あり

中公文庫
漂流物・武蔵丸

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年06月13日 12時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 288p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784122070943
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C1193

出版社内容情報

「あのな、ええことおせちゃる。」――鬼気迫る母親の一人語り「抜髪」、平林たい子賞、川端康成賞受賞の表題作二篇ほか、私小説家の真髄を示す佳篇を精選。さらに講演「私の小説論」と随筆一篇を併録した直木賞作家の文庫オリジナル選集。〈巻末エッセイ〉高橋順子


〈解説〉井口時男




■目次


木枯らし/抜髪/漂流物/変/武蔵丸/狂/「鹽壺の匙」補遺/直木賞受賞修羅日乗(随筆)/私の小説論(講演)


〈巻末エッセイ〉けったいな連れ合い(高橋順子)


〈解説〉井口時男

内容説明

「あのな、ええことおせちゃる。」―鬼気迫る母親の一人語り「抜髪」、平林たい子賞、川端康成賞受賞の表題作二篇ほか、私小説の真髄を示す佳篇を精選。さらに講演「私の小説論」と随筆一篇を併録した直木賞作家の文庫オリジナル選集。

著者等紹介

車谷長吉[クルマタニチョウキツ]
1945(昭和20)年、兵庫県飾磨市(現・姫路市飾磨区)生まれ。作家。慶應義塾大学文学部卒業。72年、「なんまんだあ絵」でデビュー。以後、私小説を書き継ぐ。93年、初の単行本『鹽壺の匙』を上梓し、芸術選奨文部大臣新人賞、三島由紀夫賞を受賞。98年、『赤目四十八瀧心中未遂』で直木賞、2000年、「武蔵丸」で川端康成文学賞を受賞。主な作品に『漂流物』(平林たい子文学賞)、『贋世捨人』『女塚』『妖談』などのほか、『車谷長吉全集』(全三巻)がある。二〇一五年、死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Ryu

4
車谷は裏返った世界で生きている。蛙が内蔵を口から丸ごと出す。べろんと中身が外身になる。そういう肉壁を普通は意識せずに生きているが、それが手に触れられるのがこの小説の世界である。論理、倫理、普通なら大切&大事なこれらのことが、べろろんとびらびらしてしまっていて、苦悩する悪の魂が這い回る様子の実況中継に言葉は奉仕する。げりりん。こんな小説を読んではいけません。えぺし。2022/07/11

dra-wrappin

2
この人の私小説は癖になる。2022/09/18

レフラー

1
すばらしいな。2022/01/03

yoyogi kazuo

1
車谷長吉を読めば、私小説は毒だ、ということがよく分かる。車谷は深沢七郎の『楢山節考』を読んで衝撃を受け、「自分を崖から突き落とす」つもりで書かないと駄目だと思ったという。ぎりぎりのところまで自分を見つめ、醜いもの汚いものを抉り出し、自分を崖から突き落とすような作業をすることで生まれたのが車谷の私小説だ。だから読む方も真面目に付き合おうとすればかなりの精神力がいる。今年出たこの文庫は妻で詩人の高橋順子の巻末エッセイも付いていて作家入門としてお勧めと思う。2021/11/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18351489
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。