中公文庫<br> 青空と逃げる

個数:
電子版価格 ¥880
  • 電書あり

中公文庫
青空と逃げる

  • ウェブストアに71冊在庫がございます。(2024年02月25日 17時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 457p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784122070899
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C1193

出版社内容情報

深夜、夫が交通事故に遭った。病院に駆けつけた早苗と息子の力は、そこで彼が誰の運転する車に乗っていたかを知らされる……。夫は何も語らぬまま、知らぬ間に退院し失踪。残された早苗と力に悪意と追及が押し寄せ、追い詰められた二人は東京を飛び出した。高知、兵庫、大分、仙台――。壊れてしまった家族がたどりつく場所は。<解説>早見和真

内容説明

深夜、夫が交通事故に遭った。病院に駆けつけた早苗と息子の力は、そこで彼が誰の運転する車に乗っていたかを知らされる…。夫は何も語らぬまま、知らぬ間に退院し失踪。残された早苗と力に悪意と追及が押し寄せ、追い詰められた二人は東京を飛び出した。高知、兵庫、大分、仙台―。壊れてしまった家族がたどりつく場所は。

著者等紹介

辻村深月[ツジムラミズキ]
1980年、山梨県生まれ。千葉大学教育学部卒業。2004年『冷たい校舎の時は止まる』で第三一回メフィスト賞を受賞し、デビュー。11年『ツナグ』で第三二回吉川英治文学新人賞、12年『鍵のない夢を見る』で第一四七回直木賞、18年『かがみの孤城』で第一五回本屋大賞を受賞。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ろくせい@やまもとかねよし

291
人生の一つの意味を確認した読後。突然のスキャンダルで、理不尽に日常を犯された家族。日本縦断逃避行の中、38歳の母と小学5年生の息子の心境で物語を綴る。決して利己的ではない母と息子の気持ち。しかし、微かなずれで同調できない。そんなすれ違いでも、感じる無根拠な求心。縁もない人たちの絶妙な利他が、そんな感情を確信させる。写真館の老主人に言わせた「必要としてくれる人で、やめるにやめられなくなった」。一人でも他者から伝えられる生きて欲しいとの想い、そしてただそれに応えたい情緒。人生は自分だけのものではないと表すか。2021/08/17

イアン

235
★★★★★★☆☆☆☆母と息子の切ない逃避行を描いた辻村深月の長編。劇団員の夫のスキャンダルによりマスコミや芸能事務所から追われることとなった早苗。10歳の息子・力と共に選んだのは〝逃げる〟ことだった…。四万十や家島など風光明媚な情景と人情に心が洗われるが、ある場所から血の付いた凶器が見つかったことで一気にサスペンス色を増す。読後感を重視するあまり肝心の逃げる理由がぼやけてしまった印象があるので、警察や実家にも頼れないという強い理由が欲しかった。いつか成長した力が遼や優芽との約束を果たす物語も読んでみたい。2022/12/05

あすなろ

141
本作品は、母と息子の逃避譚であり、ロードノベルである。それと同時に母と息子其々の成長譚でもある。正直、全体のストーリー自体はそれ程でもないかなとは思う。しかし、逃避譚と其々の成長譚に辻村氏の心理描写があり、逃避地各地の絶妙な描写を掛け合わせると次々頁を読者として巡らされ、登場人物に心理描写に没頭させられたのである。その各地全てに行った事があるが、中でも大分別府の描写は魅力的であり、再度訪問したいと思った。そして最後に。人は守るべきものがある時に強くなるのである。背負う物がある者は強いのである。2022/01/30

やっちゃん

138
不本意だとしても旅小説。自分も旅してる気分で読めて大好物である。別府に着いたときはガッツポーズしてしまった。子供にとって色んな土地を巡り、地元の人と触れ合うことは勉強以上に良い経験になりますね。血流をドクドク感じられる砂むし温泉はいいぞ!2023/01/29

SJW

130
舞台俳優である夫が交通事故に合い、同乗していた大物女優との不倫が発覚し夫は姿を消す。残された早苗と息子の力は、高知の四万十、兵庫の家島、大分の別府、宮城の仙台とマスコミや事務所の人たちからの逃亡生活をすることに。生活力のない早苗が、生活のために苦労をしながら徐々に逞しくなっていく様子や、力の成長する姿がいじらしく愛おしかった。2021/11/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18169809
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。