中公文庫<br> 昭和23年冬の暗号

個数:
電子版価格 ¥814
  • 電書あり

中公文庫
昭和23年冬の暗号

  • ウェブストアに31冊在庫がございます。(2022年01月19日 05時40分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 296p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784122070745
  • NDC分類 210.76
  • Cコード C1121

出版社内容情報

昭和23年12月23日零時1分30秒、死刑執行開始。なぜ東條英機をはじめA級戦犯7名は、皇太子明仁の誕生日に処刑されたのか。マッカーサーが戦後日本のカレンダーに刻んだ「暗号」とは? 『昭和16年夏の敗戦』の完結編となる歴史ノンフィクション。

(『東條英機 処刑の日』改題)

内容説明

昭和二十三年十二月二十三日、東條英機をはじめA級戦犯が処刑された。なぜ皇太子明仁の誕生日、のちの「天皇誕生日」が選ばれたのか。そこにアメリカが仕掛けた「暗号」から敗戦国日本の真実を解き明かす、『昭和16年夏の敗戦』完結篇。新たに書き下ろし論考「予測できない未来に対処するために」を収録。

目次

第1章 子爵夫人
第2章 奥日光の暗雲
第3章 アメリカ人
第4章 天皇の密約
第5章 四月二十九日の誕生日
第6章 退位せず
終章 十二月二十三日の十字架

著者等紹介

猪瀬直樹[イノセナオキ]
1946年長野県生まれ。作家。87年『ミカドの肖像』で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。96年『日本国の研究』で文藝春秋読者賞受賞。東京大学客員教授、東京工業大学特任教授を歴任。2002年、小泉首相より道路公団民営化委員に任命される。07年、東京都副知事に任命される。12年、東京都知事に就任。13年、辞任。15年、大阪府・市特別顧問就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

フンフン

6
2009年の発表時には『ジミーの誕生日』というタイトルだったのを2011年に文春文庫化するにあたり『東条英機処刑の日』と改題し、本年中公文庫にするにあたって1983年に発表した『昭和16年夏の敗戦』との関連を明確にするため『昭和23年冬の暗号』と改題したとのこと。でも知らない読者は猪瀬の新作かと思って買っちゃうかも。それをねらっているんだろうけど、旧作をタイトルだけ変えて何度も出すのはいかがなものか。ミステリー仕立てにしてあるけど、平成の天皇誕生日が東条処刑日だって誰でも知ってるがねえ。2021/10/30

きっしょう

2
「ジミーの誕生日」の改題と知らず再読。ミステリーめいた展開で、マッカーサーや天皇家、その周辺の様々な人たちの入り乱れる思惑は著者の推測を含むが面白い。天皇家の存続や戦犯や戦犯から排除された人たちの背景なども分かり易く 当時の社会の一断面を垣間見せてくれる。   ただ、名著「昭和16年夏の敗戦」の流れに徐々に改題して寄せるのはいかがなものか。あとがきも完結編として繋げるための言い訳にしか読めませんでした。2021/07/29

spike

2
期待が大きかっただけに、「昭和16年夏の敗戦」と比べると緊迫感がなあ、、、ケーディススキャンダルが題材のひとつだから仕方ないですが。ラストは、これも、うーん、蛇足かなあ。文庫再刊によせてのあとがきも、言いたかったことはわかるのだけど、、、2021/07/24

🐙🦀

1
「戦後民主主義教育の失敗は、戦前を全否定したところにある。(略)過去を封印してしまえば一歩も先へ進めない。敗戦の八月十五日ばかりを強調して開戦の十二月八日を無視している」2021/08/29

ozmaax

1
ある日記を持ち込まれたところから始まる謎解き風ストーリー。どこまでが本当でどこからがフィクションなのか。割り切って読めばそれなりに楽しめる2021/07/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18050234

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。