中公文庫<br> 臨終、ここだけの話―現場で見つめた、患者と家族の事情

個数:
電子版価格 ¥734
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

中公文庫
臨終、ここだけの話―現場で見つめた、患者と家族の事情

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年12月18日 01時41分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 232p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784122065673
  • NDC分類 490.1
  • Cコード C1195

内容説明

死んでもマグロ寿司が食べたかった患者。赤ちゃんの世話を焼く不思議な男性。自分の寿命は占えなかった占い師の患者。臨終の瞬間にまつわる、涙あり笑いありの不思議な話が満載。医師歴五十余年の臨終医が、長年看取りの現場で見つめ続けた患者と家族の事情。ほんとうに幸せの臨終とは何かを一緒に考えることができる、話題作待望の文庫化登場!

目次

第1章 臨終、その愛と死の想い出
第2章 病棟の幽霊は、夢か現実か
第3章 独居老人の天国と地獄
第4章 臨終間近に豹変したモンスター家族たち
第5章 臨終寸前まで続く、親子の確執と和解
第6章 医者に保険を忘れさせた娘の愛の絶唱

著者等紹介

志賀貢[シガミツグ]
北海道出身。医学博士。昭和大学医学部大学院博士課程修了。臨床医として五十余年にわたって診療を行い、数千の看取りの現場に立ち会う。現役医師として日々患者に接している。小説やエッセイなど文筆活動においても活躍し、話題作多数。また、美空ひばり「美幌峠」「恋港」などの作詞も手掛ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件