中公文庫<br> ウソとマコトの自然学―生物多様性を考える

個数:
電子版価格 ¥902
  • 電書あり

中公文庫
ウソとマコトの自然学―生物多様性を考える

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月29日 15時11分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 256p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784122065499
  • NDC分類 468
  • Cコード C1145

出版社内容情報

本書は昆虫類のすさまじいまでの減少とその要因を指摘し、田舎の里山を保全するための現実的な方策を鋭く述べる。その一方で、日本の自然を守るため外来生物を排斥せよとの「原理主義者」に首を傾げ、また、人為的な関与は必要と直言する。 メディアと政治のコトバと化した「生物多様性」擁護・懐疑両派の怪しげな言説を問いただし、イキモノと日本各地の自然環境の実像について興味深い事実を数多く紹介しながら、自然を守る本当の手だてを述べる著者の視野はきわめて広い。 その筆さばきが全編を貫いた本書は、自然、環境、生物多様性を考えるうえで、さまざまな視点を読者に提供するであろう。「自然には自然の理屈があり、人間のコントロールが及ばないことの方が多いのだ。無理にコントロールしようとしても、コストばかりかかってロクなことになはならない」と本書は説き、よりましな認識について説得的に提示していく。

池田 清彦[イケダキヨヒコ]
著・文・その他

内容説明

昆虫類のすさまじいまでの減少の理由とは。田舎の里山を保全するための現実的な方策はどこに。メディアと政治のコトバと化した「生物多様性」擁護・懐疑両派の怪しげな言説を問いただし、イキモノと日本各地の自然環境の実像について興味深い事実を数多く紹介しながら、自然を守る本当の手だてを視野広く述べた注目作。

目次

第1章 生物多様性とは何か(種多様性;遺伝的多様性;生態系多様性)
第2章 生物多様性の保全とは何か(保全論が抱く“都合のよさ”;どれを優先するかにつきまとう“好み”の問題;人間非中心主義と人間中心主義 ほか)
第3章 生物多様性と国際政治(ラムサール条約;CITESは種の保護のための条約;政治に翻弄される締約国会議 ほか)

著者等紹介

池田清彦[イケダキヨヒコ]
1947年、東京で生まれる。生物学者、評論家、早稲田大学教授。東京教育大学理学部生物学科卒、東京都立大学大学院理学研究科博士課程生物学専攻単位取得満期退学、理学博士。山梨大学教育人間科学部教授を経て、早稲田大学国際教養学部教授、山梨大学名誉教授。高尾599ミュージアム名誉館長。専門の生物学分野のみならず、科学哲学、環境問題、生き方論など、幅広い分野に関する70冊以上の著書を持つ。新聞、雑誌、テレビなどでも活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

to boy

26
一般教養書かと思ったら意外と専門的な内容でした。「生物多様性」とはよく聞きますが、実は、定義があいまいな政治的な用語だと初めて知りました。多様性を守ろうと言うコメントには注意が必要であることに気づかされました。外来種についても一概に悪いことではなく在来種に影響がないのなら多様性が増えたと評価しても良いのでは・・・など。考えさせられたのは、多様性にしろ外来種にしろ、その評価は人間にとって有用かどうかが基準になっていて、本当に自然にとっての評価ではないという事でした。人間ってほんとに身勝手なんですね。2018/03/22

トムトム

14
とても同感!子供の頃から自然保護、動物愛護などについてじっくり考えてきた。こちらを立てればあちらが立たず、という矛盾についてもじっくり考えてきた。そしてたどり着いた私の結論と池田先生の結論がほぼ同じで自信がついた!とりあえず、お金儲けに使われている自然保護・動物愛護は放っておこう。本気で守ろうと思うなら、この本に書いてある方法。やる気がないなら、何もするな!2019/10/04

ぷくらむくら

5
「生物多様性」というコトバが非常に政治的なコトバ(に現在はなっている)と実感。内容はかなり専門的だが、「自然」とは何かを考えるには面白い一冊でした。2018/03/25

Iwata Kentaro

4
献本御礼。「生物多様性を考える」の文庫版。再読して改めて多様性の恣意性を学ぶが、本書はわりとマニアックなのでぼくみたいな門外漢にはハードルが高い。環境保全などのナイーブな議論にぐさっと突き刺さる傑作。2019/05/24

noko

2
生物多様性という言葉は、昨今よく聞く。だけど生物多様性って、実際どんな事だろうか?私の中では、沢山の生物が沢山の種類存在している事と勝手に解釈していた。だけど専門家にもその実態が定義されていないんだと知り、驚き。生物多様性っていうシステムを作る事で、新しい経済が生まれ、誰かが得をしている。果たして人間の保全活動自体が生物には得なのかさえ、疑問に思えてきた。生物の片方を優先すると片方が持たないというか、人間が自然をコントロールすると均衡が崩れるのだろうな。だが、人間の環境破壊は凄まじいので、無視もできない。2019/08/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12638831

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。