中公文庫<br> 言わなければよかったのに日記 (改版)

個数:
  • ポイントキャンペーン

中公文庫
言わなければよかったのに日記 (改版)

  • 提携先に26冊在庫がございます(2017年12月17日 13時43分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 288p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784122064430
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C1195

内容説明

小説「楢山節考」で異色の文壇デビューを果たした著者が、正宗白鳥、武田泰淳、井伏鱒二ら、畏敬する作家たちとの奇妙でおかしな交流を綴る抱腹絶倒の文壇登場日記。他に「思い出の記」「十五のポルカ」を収める。巻末に武田百合子との単行本未収録対談を収録する。

目次

1(言わなければよかったのに日記;とてもじゃないけど日記;銘木さがし ほか)
2(柞葉の母;思い出多き女おッ母さん;思い出多き女おきん ほか)
3(日本風ポルカ;シナ風ポルカ;江戸風ポルカ ほか)

著者紹介

深沢七郎[フカザワシチロウ]
大正3年(1914)、山梨県に生まれる。旧制日川中学校を卒業。昭和31年、「楢山節考」で第一回中央公論新人賞を受賞。『中央公論』三十五年十二月号に発表した「風流夢譚」により翌年2月、事件が起こり、以後、放浪生活に入った。40年、埼玉県にラブミー農場を、46年、東京下町に今川焼屋を、51年には団子屋を開業して話題となる。56年『みちのくの人形たち』により谷崎潤一郎賞を受賞。62年(1987)8月没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

小説「楢山節考」で中央公論新人賞を受賞し、異色の文壇デビューを果たした著者。畏敬する正宗白鳥、武田帯淳、井伏鱒二らとの奇妙でおかしい交流を綴る抱腹絶倒の文壇登場日記他。巻末に尾辻克彦の解説、武田百合子との対談を付す。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件