中公文庫<br> 沖縄決戦―高級参謀の手記

個数:
電子版価格 ¥1,595
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

中公文庫
沖縄決戦―高級参謀の手記

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月18日 02時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 523p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784122061187
  • NDC分類 916
  • Cコード C1121

内容説明

太平洋戦争時、日本で唯一地上戦が展開された沖縄戦の全貌。四十三年ぶりに復刊した本書は、十八万の米上陸部隊を迎え撃ち潰滅した第三十二軍司令部唯一の生き残りである著者が苛烈な戦いの経緯を描くとともに、現代日本人にも通じる陸軍の宿痾を鋭く指摘した「日本人論」でもある。

目次

第1章 作戦準備(第三十二軍の誕生;創立初期の軍司令部 ほか)
第2章 決勝作戦(桜の花の咲くころ;艦砲射撃の威力 ほか)
第3章 戦略持久戦(攻勢中止;針の穴から天を覗く ほか)
第4章 脱出(摩文仁洞窟からの脱出;具志頭洞窟 ほか)
付録 第三十二軍戦闘序列および指揮下部隊一覧表他

著者等紹介

八原博通[ヤハラヒロミチ]
1902年鳥取県生まれ。陸軍士官学校三五期、陸軍大学卒業(1929年恩賜)。陸軍省人事局課員、アメリカ留学、陸軍大学教官、第二軍参謀、第五軍参謀、大本営参謀などを歴任。33~35年にかけアメリカ留学経験。太平洋戦争が始まるとビルマ方面軍参謀となり、44年3月に沖縄守備軍第三二軍高級参謀となり、沖縄戦に参戦。戦後は故郷鳥取で行商に従事。81年死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。