中公文庫<br> 外交五十年 (改版)

個数:
電子版価格 ¥1,188
  • 電書あり

中公文庫
外交五十年 (改版)

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ 文庫判/ページ数 356p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784122061095
  • NDC分類 319.1
  • Cコード C1121

内容説明

大正末期から昭和初期にかけて二度にわたり外務大臣を務め、「幣原外交」とよばれる国際協調政策を推進した外交官は、敗戦後に総理大臣に就任する。「未来永劫」戦争をしないとの「信念」から新憲法に軍備放棄を盛り込んだという著者が綴る貴重な外交秘史。

目次

第1部 外交五十年(朝鮮の思い出;樺太を拾った話;アメリカの排日問題;ワシントン会議;佐分利公使の怪死事件 ほか)
第2部 回想の人物・時代(外務省に入るまで;ロンドン赤毛布;デニソンを憶う;サー・エドワード・グレーのこと;外交調査会の前後 ほか)

著者等紹介

幣原喜重郎[シデハラキジュウロウ]
1872年(明治5)、大阪府生まれ。東京帝大英法科卒業。外務省に入り、1919年(大正7)駐米特命全権大使となり、21年ワシントン会議に全権委員として出席。24年に加藤高明内閣の外相に就任。以後、第一次若槻、浜口、第二次若槻各民政党内閣の外相を歴任し、アメリカの排日問題、対中政策の改善、ロンドン軍縮会議批准等に努め「幣原外交」といわれる親英米政策をとった。31年(昭和6)に政界を引退したが、終戦間もない45年に首相となり、新憲法制定等に携わった。その後、進歩党総裁、衆議院議長等を務め、51年に死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。