中公文庫<br> うつけの采配〈上〉

個数:
電子版価格 ¥770
  • 電書あり

中公文庫
うつけの采配〈上〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月22日 01時40分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 287p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784122060197
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C1193

内容説明

名門・毛利両川の血統に反発し、幼少期より「うつけ」と呼ばれた吉川広家。だが、叔父・小早川隆景はその将才を見込み、毛利百二十万石の采配を譲ろうとする。一方、「我こそ毛利の軍師」と自負する安国寺恵瓊は、秀吉亡き後の党派対立において、徳川家康を倒すべく石田三成に接近する。これを毛利の危機と見た広家は、ひとり立ち上がるが―。

著者等紹介

中路啓太[ナカジケイタ]
1968年東京都生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程を単位取得の上、退学。2006年、「火ノ児の剣」で第一回小説現代長編新人賞奨励賞を受賞、作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

優希

86
面白かったです。毛利元就の孫であり吉川元春の嫡男・吉川広家を軸に描く戦国末期の物語というだけで鳥肌ものです。名門の血を継ぎながらも、反発したがために「うつけ」と呼ばれた広家。将才を小早川隆景に見初められたのにも関わらず、譲ろうとされた采配を断るのが広家らしくもあり、もどかしくもありました。ただ、安国寺恵瓊の動きが広家を立ち上がらせる決意に繋がったのでしょう。そこで見せる姿はうつけというより意外な猛将という印象を受けました。関ヶ原に向け、どのように采配を振るうのか。下巻も読みます。2016/11/28

Bibliobibuli

37
広家の事は、関ヶ原で輝元を動かさなかった事ぐらいしか知らなかったのですが、元就や隆景に負けないくらいの洞察力、先見性を備えた素晴らしい武将だった事を本書が教えてくれました。こんなに優れているのに野心的でないところも凄いですね!2018/04/22

流言

36
岩国城下、吉川史料館で購入した一冊である。毀誉褒貶の激しい人物ではあるが城下では吉川広家公と称され慕われているようだ。神がかった先見性を持つ叔父・小早川隆景と対比する形で吉川広家を有能でありつつも人間臭い人物として描いている。反目しつつも同僚であった安国寺恵瓊との溝が決定的なものとなっていく経緯はどうにもならない歴史の流れに切なさと憤りのようなものを覚えた。毛利輝元をバッサリ無能として描いているのに対し、小早川秀秋の勇猛さを評価するような記述もあるのでそのあたりの人物観が関ヶ原でどう像を結ぶかが楽しみだ。2016/04/28

巨峰

36
秀吉時代の朝鮮征討から関ケ原へ。日本史上印象が鮮明でない吉川広家を主人公に毛利家の動向をここまで描いた作品は初めてなので興味深い。ただ、毛利家家臣が毛利輝元を上様と呼ぶのにはひっかかりを感じた。その呼称は、天下人にしか許されないはず。2015/12/06

浅見ヨシヒロ

11
最近のトレンドなのか、歴史小説はマイナーとは言わないまでも、いわゆるメジャーではない人物にスポットを当てているような気がする。本作の主人公は吉川広家。自分の拙い知識では、『関ヶ原で最後まで動かなかった男』と、『安国寺恵瓊と仲が悪かった』という印象しかない。下巻で、広家がどのように跳躍していくのか楽しみである。2015/06/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8292845

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。