中公文庫<br> 猫と庄造と二人のをんな

個数:
電子版価格 ¥616
  • 電書あり

中公文庫
猫と庄造と二人のをんな

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年01月20日 09時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 172p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784122058156
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C1193

出版社内容情報

猫に嫉妬する妻と元妻、そして女より猫がかわいくてたまらない男が繰り広げる軽妙な心理コメディの傑作。安井曾太郎の挿画収載。〈解説〉千葉俊二

内容説明

猫に嫉妬する妻と元妻、そして女より猫がかわいくてたまらない男がくりひろげる軽妙な心理コメディの傑作。安井曾太郎の挿画収載。併録は美女とペルシャ猫への愛を高らかにうたう未完の小品「ドリス」。

著者等紹介

谷崎潤一郎[タニザキジュンイチロウ]
明治19年(1886)、東京日本橋に生まれる。旧制府立一中、第一高等学校を経て東京帝大国文科に入学するも、のち中退。明治43年、小山内薫らと第二次「新思潮」を創刊、「刺青」「麒麟」などを発表。「三田文学」誌上で永井荷風に激賞され、文壇的地位を確立した。昭和40年7月没。『細雪』により毎日出版文化賞及び朝日文化賞を、『瘋癲老人日記』で毎日芸術大賞を、また昭和24年には、第八回文化勲章を受けた。昭和39年、日本人としてはじめて全米芸術院・米国文学芸術アカデミー名誉会員に選ばれた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

HANA

44
猫愛がたっぷりと詰まった一冊。表題作の方、出てくる人間は庄造を始として何となく馬鹿っぽくて打算的なのに、それを無理に取り繕うとしているような印象を受ける。対してリヽーはそのような思惑から超然として己が成したい事のみをなす。何となく全編人間の俗に対して、猫の気高さの勝利を歌っているよう。「ドリス」は冒頭部分だけ読むと美容や猫に関する引き写しだけだったけど、それでも書かれているのはひたすら猫礼讃。美女と猫の対比、どうなるか読んでみたかったけど。ま、結局は可愛さ気高さは正義、すなわち猫は正義って事ですね。2013/12/15

syota

25
これほど魅力的な猫の描写は初めて。生活力ゼロだけど女にもてる庄造と、彼をめぐる前妻、後妻、姑の物語なのだが、登場人物が束になってもメス猫リリーの魅力にはかなわない。SMAPが全員集合しても犬一匹にかなわなかった、かつてのケータイのCM合戦を思い出す。実際、庄造が心から愛したのはリリーだけだったはず。周囲に押されていったん捨てたリリーを忘れられず、未練がましく会いに行く庄造の情けなさと、昔の主人を物憂げに冷たくあしらうリリーのクールなカッコよさが、なんともいえず印象的。猫好きの方、必読です。2016/09/01

まさむ♪ね

17
飼い猫のリリーを異常なまでに可愛がる男、庄造。そのダメ男だがなぜか人に好かれる庄造をめぐり、妻と元妻がリリーちゃんや周りの人たちを巻き込んで激しい?心理戦を繰り広げる。とにかく、このリリーちゃんの描写が細かいこと細かいこと。読中、すぐそばにリリーちゃんがいるような錯覚に陥ってしまった。谷崎さんの猫好きも相当なものだなあ。登場人物たちの軽妙でウイットに富んだ関西弁でのやりとりに何度も吹き出した。全体を通して滑稽なんだけど、リリーちゃんの衰えていく姿が哀愁を誘う。ちなみに弊録『ドリス』も猫。2013/09/15

nabe2511

15
己の欲と打算に生きる人間の滑稽さと悲哀が猫のリリーを巡り関西弁の会話も相まってテンポよく進んでいきます。庄造の不甲斐なさとおりんの策士ぶりが対照的で面白い。昭和31年に庄造/森繁・品子/山田五十鈴・福子/香川京子・おりん/浪花千栄子(おちょやん)で映画化されてたそうでぜひ見てみたい。令和ならと妻夫木聡・蒼井優・長澤まさみ・キムラ緑子さんあたりの舞台を妄想しながら楽しく読了。表紙の竹内栖鳳の「班猫」には昨秋、山種美術館でご対面したニャー。2021/08/03

Hepatica nobilis

12
どちらかと言えばイヌ派で今買っているのはハムスターなので、猫は苦手。この作品では猫のリリーが魅力的で蠱惑的。優柔不断で憎めない庄造と、前妻の品子、後妻におさまった福子が綾なす喜劇。旧字体で関西言葉なので少し眩暈がするが、人間のやりとりが軽妙に書かれていてとてもおもしろいと思う。2016/01/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6875689

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。