中公文庫
百万回の永訣―がん再発日記

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 468p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784122051355
  • NDC分類 916
  • Cコード C1195

内容説明

初発から六年後、がんが再発した。「早ければ半年」と告げられ、絶望と孤独にまみれた彷徨いから、一人の医師を選び信じて進むと決めるまで―。『がん患者学』を著したノンフィクション作家が、生を賭してがん医療のありかたを問い続けた六五〇日の記録。

目次

第1章 二〇〇三年五月十五日~十月三十日
第2章
二〇〇三年十一月七日~二〇〇四年三月二十九日
第3章 二〇〇四年三月三十日~十二月十二日
第4章 二〇〇四年十二月十八日~二〇〇五年二月十四日
第5章 二〇〇五年二月十五日~八月十八日

著者等紹介

柳原和子[ヤナギハラカズコ]
1950年東京生まれ。東京女子大学社会学科卒業。筋ジストロフィー、医療過誤、薬害エイズ訴訟など、生命と医療に深い関心を寄せ、作品を発表してきた。自らがんを患い、二度の再発、十年以上に及ぶ闘病生活を続ける傍ら、執筆活動を中心に様々な活動を行った。2008年3月、死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

初発から六年後、がんが再発。「早ければ半年」と告げられた後の彷徨いから、医師と信頼を築くまで、「死」をみつめて積み重ねた「生」の記録。二年間を生き抜き、そして――魂の奇蹟が起った。