中公文庫<br> 回送電車

個数:
  • ポイントキャンペーン

中公文庫
回送電車

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年06月27日 13時59分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 285p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784122049895
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C1195

内容説明

評論や小説やエッセイ等の諸領域を横断する散文の呼吸。それぞれに定められた役割のあいだを縫って、なんとなく余裕のありそうなそぶりを見せるこの間の抜けたダンディズムこそ“居候”の本質であり、回送電車の特質なのだ―枠組みを越え、融通無碍に文章を綴る著者の、軽やかで、ゆるやかな散文集。

目次

回送電車主義宣言
贅沢について
引用について
誕生日について
梗概について
三行広告について
方眼紙について
壁の割れ目からのびた木の根について
さびしさについて
引っ越しについて〔ほか〕

著者等紹介

堀江敏幸[ホリエトシユキ]
1964年岐阜県生まれ。早稲田大学第一文学部フランス文学専修卒業、東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退、パリ第三大学博士課程留学。1995年、『郊外へ』で小説家としてデビュー。1999年、『おぱらばん』で第一二回三島由紀夫賞、2001年、「熊の敷石」で第一二四回芥川賞、2003年、「スタンス・ドット」で第二九回川端康成文学賞、2004年、『雪沼とその周辺』で第四〇回谷崎潤一郎賞、および第八回木山捷平文学賞、2006年、『河岸忘日抄』で第五七回読売文学賞小説賞をそれぞれ受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

急ぎの客には何の役にも立たないけれど――評論とエッセイ、エッセイと小説……その「はざま」にある何かを求め、注目の芥川賞作家が文学の諸領域を軽やかに横断、本領発揮の散文集。