中公文庫<br> 日本の歴史〈16〉元禄時代 (改版)

個数:
  • ポイントキャンペーン

中公文庫
日本の歴史〈16〉元禄時代 (改版)

  • 児玉 幸多【著】
  • 価格 ¥1,337(本体¥1,238)
  • 中央公論新社(2005/11発売)
  • 【ウェブストア限定】和書・和雑誌・特選品ポイント2倍キャンペーン ※店舗受取サービスは対象外です
  • ポイント 24pt
  • ウェブストアに在庫がございます。

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり、出荷までに日数がかかることがございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 559p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784122046191
  • NDC分類 210.1

内容説明

江戸幕府の組織が確立し、安泰な家綱・綱吉の時代がつづくなかで、由比正雪の乱、赤穂浪士の討入りが人々の耳目をひく。町人は華やかな元禄風俗を生みだし、西鶴・近松・芭蕉らが輩出するが、一方では身分制や封建道徳がしだいに固まり、独裁政治の弊害は深まる…。

目次

由比正雪の乱
明暦の大火
旗本奴と町奴
江戸八百八町
夜の世界、新吉原
殉死の禁
東廻りと西廻り
天下の台所、大坂
犬公方
湯島の聖堂と貞享暦
忠臣蔵
窮乏する財政
元禄模様
絵の世界と侘の境地
一代男と曾根崎心中

出版社内容情報

江戸幕府の体制が固まり、もっとも平穏な日々がつづく。江戸の町々は活気をおび、江戸八百八町を中心とする華やかな元禄文化が花開く。〈解説〉大石学

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件