中公文庫<br> 余白の愛

個数:
電子版価格
¥649
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

中公文庫
余白の愛

  • 小川 洋子【著】
  • 価格 ¥748(本体¥680)
  • 中央公論新社(2004/06発売)
  • 【ウェブストア限定】夏だね!ポイント5倍キャンペーン 対象商品(~7/15)※店舗受取は対象外
  • ポイント 30pt
  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 234p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784122043794
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C1193

内容説明

耳を病んだわたしの前にある日現れた速記者Y。その特別な指に惹かれたわたしが彼に求めたものは…。記憶の世界と現実の危ういはざまを行き来する。幻想的でロマンティックな長篇。瑞々しさと完成された美をあわせ持つ初期の傑作。

著者等紹介

小川洋子[オガワヨウコ]
1962年、岡山市に生まれる。早稲田大学第一文学部卒。医大秘書室に勤め86年、退職。88年、「揚羽蝶が壊れる時」により第七回海燕新人文学賞を、91年、「妊娠カレンダー」により第一〇四回芥川賞を受賞。2004年、ベストセラーとなった『博士の愛した数式』で読売文学賞、本屋大賞受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

さてさて

198
速記者であるYの指の動きに魅せられていく『わたし』の姿が描かれたこの作品。そんな『わたし』は『耳鳴り』に悩まされる一方で『耳鳴りは一つの可能性です』と思い至り『耳とうまく交信できるかどうかの、可能性を秘めているのです』と『耳鳴り』の向こうの世界へと心を飛翔させていきます。そんな物語の中に幻想と現実の境界線が極めて曖昧になる独特な世界観が描かれるこの作品。素晴らしい比喩表現の数々と、不思議な世界観が織りなす絶妙なストーリー展開に魅了されるこの作品。小川さんの表現の魅力にすっかり酔わせていただいた作品でした。2022/02/16

ヴェネツィア

186
この作品は1991年(「妊娠カレンダー」で芥川賞受賞の年)のものなので、あるいは最初の長編小説か。後の作品の濃密度に比べると、その世界は全体にやや希薄な感は否めない。そもそも、主人公であり、語り手でもある「わたし」の存在感自体が希薄である。もちろん、そこにこそこの小説の存立基盤があるのだが。対象となるYにいたっては、さらに実体感に乏しく、ほとんど手だけの存在である。物語中で確かな存在感を示すのはヒロただ一人であり、してみると彼こそが現実との接点なのだろう。自己と世界との隔絶に対する不安は強く伝わってくる。2013/02/08

nico🐬波待ち中

126
「君の耳は病気なんかじゃない。それは一つの世界なんだ。君の耳のためだけに用意された、大切な世界なんだよ」突発性難聴に苦しむ「わたし」を救ったのはYの優しく甘い言葉。恐る恐る喋る声を一つ残らず書き留めるYの繊細な指。人は思いもよらない災難に遭遇した時、自分の殻に閉じ籠ることが多い。そして棘のない記憶を頼りに癒しを求める。記憶の捻れがもたらした安らぎは「わたし」をゆっくりと浮上させる。小川さん特有の幻想的な世界にゾクゾクした。無駄な音のない静かな物語。小川さんの甘美な文章に私も惑わされてしまった。2019/06/28

青蓮

110
小川洋子さんの作品はいつもひんやりとした静けさに満ちていて、まるで無菌室のようなイメージがあります。此処に登場する「耳」「指」といったモチーフが仄めかす透き通った官能的な香りがいかにも小川洋子さんらしい。記憶の世界と現実の狭間を漂う繊細なこの物語は、そっと扱わないと壊れてしまう硝子細工のオルゴールのよう。「耳」の迷宮から抜け出せた「わたし」は現実を生きて行ける強さを手に入れたのだ。「それは一つの世界なんだ。君の耳のためだけに用意された、風景や植物や楽器や食べ物や時間や記憶に彩られた、大切な世界なんだよ」2016/12/06

chichichi

107
作者名を見ずに読み始めても小川洋子さんの作品だと分かるほどに、始めから終わりまで彼女らしい言葉で埋め尽くされた物語。どのフレーズも取りこぼしたくなくて丁寧に読み進め、小川洋子ワールドをたっぷり堪能しました。日常から目に付く部位だが見方を変えれば艶かしく魅惑的でもある耳と指が官能的・幻想的に表現されているところが好き。冬の静かな雨の日にぴったりの一冊。2015/12/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/549033
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。