47原則―世界で一番仕事ができる人たちはどこで差をつけているのか?

個数:
電子版価格 ¥1,485
  • 電書あり

47原則―世界で一番仕事ができる人たちはどこで差をつけているのか?

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月28日 11時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 286p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478068892
  • NDC分類 336.04
  • Cコード C0034

出版社内容情報

マッキンゼー世界7か国の現場で学んだ仕事の基本マニュアルにない究極の仕事のルール47 米国発売の話題書が上陸!

内容説明

世界一のコンサルティングファームでリーダーたちが実践するマニュアルにない成功法則とは?米国発売の話題書、ついに日本上陸!

目次

第1章(先手を打つ;平常心を保つ;多面的に捉える)
第2章(コミュケーション上手になる;共感する;チームメンバーへの思いやりを持つ)
第3章(生産性を極限まで高める)
第4章(持続的な成長を実現する)
第5章(リーダーを際立たせる卓越した思考力;書くことの価値を説いたマービン・バウアー)

著者等紹介

服部周作[ハットリシュウ]
経営コンサルタント。カナダ・マギル大学商学部卒業、政府奨学生として国立台湾大学卒業(経営学修士)。マッキンゼー・アンド・カンパニーにて、アジア、北米、ヨーロッパなど7か国における先端技術産業、ハイテク産業、メディア産業分野のプロジェクトに従事し、2015年独立。日中を市場とする求人ポータルサイト運営など、ベンチャー設立経験も複数有する。日本語と英語を母国語とし、中国語も堪能。初の著書として、米国にて2015年11月に『THE McKINSEY EDGE』(McGraw‐Hill Education)を刊行(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

sas

22
“真の上司”の仕事術は:①伝えたいことは手短に、②自分から話すより聞き役に徹する。聞き上手上司になるための3つのテクニックは:①話題をコロコロ変えない、②自分の無知を素直に認める、③興味深いポイントを瞬間的にとらえて簡潔な言葉でフォローアップ。部下のモチベーションを上げる上司の共感術:①真っ先につながる「共通点」を見つける、②励まされる人から励ます人へ、③部下の仕事以外のプライベートな面を知る。2017/12/23

doi

16
●ノートを2冊用意。殴り書き用・整理用。 ●学んだらすぐに実践する ●嫌なことほど先にやる ●全ての質問に30秒以内で答える ●アウトプットを常にイメージ ●難しい質問がきたら3秒待つ→沈黙の重圧に耐えられることをアピールする気持ちで ●プレゼンは冒頭3文を覚える[1]印象が良い[2]自信が付く ●メモは少ない方が良い→要点だけを的確にメモをする努力2016/08/04

DAdadaDAI

5
嫌なことほど先にやる。質問力。他の人より早く出社。プレゼンの冒頭3文は暗記。自分に鞭打とう。投資しよう。2016/11/13

suVene

2
★★★★☆なんかよかった印象があるが、読んでから日がたってしまって、当たり前のことが並んでいた印象しかない。(悪いわけではない)2018/11/04

デューク

2
筆者やその周りの仕事ができる人たちが大事にしている、47のルールをまとめた一冊。 先手を打つこと、平常心を保つこと、コミュニケーション上手になること、リーダーシップを発揮すること、などの切り口から、47の原則を紡ぎだす。自分にとって、読後のメモがこれほどまでに膨大になった本は珍しい。淡々とした語り口ながら、驚くほどの示唆を与えてくれる一冊であり、殴られたような衝撃を受ける言葉に満ちた一冊である。読むたびに新しい発見があり、自分の成長と共に違う読み方ができる本でもある。いちおし2017/03/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11091128

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。