中公文庫<br> 秘境西域八年の潜行 抄

中公文庫
秘境西域八年の潜行 抄

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 364p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784122039247
  • NDC分類 292.28

内容説明

日中戦争のさなか、軍の密命をおび、内蒙古、青海、チベットなど西域地区に潜入した外務省の一調査官。祖国敗戦後も孤立無援のまま、ラマ僧の修行を続け、未踏の秘境を足かけ八年にわたり遍歴した想像を絶する体験記。

目次

内蒙古篇
寧夏篇
青海蒙古篇
チベット前篇
ヒマラヤ篇
チベット後篇
インド・ネパール篇

著者紹介

西川一三[ニシカワカズミ]
1918年、山口県に生まれる。1936年、福岡県立中学修猷館卒業後、満鉄大連本社に入社。41年、満鉄を退社し、張家口駐蒙大使館が主宰する興亜義塾に入塾。43年、同塾を卒業後、駐蒙大使館調査部勤務となり、中国西北部潜入を命ぜられ、内蒙古、寧夏、甘粛、青海、チベット、ブータン、西康、シッキム、インド、ネパール各地を潜行。50年、インドより帰国