中公文庫<br> 日本人と日本文化 (改版)

個数:
  • ポイントキャンペーン

中公文庫
日本人と日本文化 (改版)

  • 提携先に8冊在庫がございます。(2021年10月28日 11時33分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 244p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784122026643
  • NDC分類 210.04
  • Cコード C1195

内容説明

「ますらおぶり」と「たおやめぶり」、忠義と裏切り、上方と江戸の違い、日本にきた西洋人―雄大な構想で歴史と人物を描き続ける司馬氏と、日本文学のすぐれた研究者であるキーン氏がともに歴史の香りを味わいながら「双方の体温で感じとった日本文化」を語る、興趣つきない対談。

目次

第1章 日本文化の誕生
第2章 空海と一休―宗教の普遍性について
第3章 金の世界・銀の世界―乱世の美学
第4章 日本人の戦争観
第5章 日本人のモラル―儒教をめぐって
第6章 日本にきた外国人
第7章 続・日本人のモラル
第8章 江戸の文化

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

カザリ

70
アーネスト・サトーってずっと日本人ハーフだと思っていた(笑)英国策論、どこかで読んでみたいな。日本が国際社会に出るために、幕藩体制を清算し、中央主権制にすべき、という未来の日本のビジョンを持っていたらしい。。サトー、気になるなあ。西郷に影響を与えたというあたりが、チクと気になるきに~w2014/08/30

レアル

56
キーン氏と司馬氏の対談。浅学の私にとって彼らの対談の表面部分くらいしか理解できていない。しかし奈良時代から始まる日本人文化の対談に興味を持って読んだ。戦争につても話されてはいたが、興味を持ったのは「金の世界・銀の世界」。銀の椀に雪が降り積もっている美しさ!日本人には金より銀の方がよく似合うというキーンさんの言葉。私の心に響くなぁ。。博識ある2人の話が面白くあっという間に読み終えた!というよりもいい勉強になった。私自身の知識をもう少し増やして、もう一度読み返したい。2018/02/28

ゆうこ

45
日本は金より銀が似合う、というキーン氏のことばには納得でした。「日本的なものとしてがんばりすぎると、いやらしいものになる」。なるほどね。むすびで二人がこきおろした『玉勝間』、逆に味わいたいと思いました。2015/10/12

kawa

43
日本史と日本文化の達人であるお二方の対談集。古典やキーン氏の専門である江戸文学に馴染みがないので、消化しきれない部分もある。そこは勘弁してもらうのだが、例えば中国は「ワシが一番」の中華思想が祟って近代化が遅れた、日本は古代から中国という先進国との交流があったため外来の情報や知識の導入に抵抗感がなく、結果として近代化がスムーズだった等、知的好奇心をくすぐるエキサイティングな内容、サクサク半日で読了。2019/03/11

HIRO1970

32
☆★☆東日本大震災で日本永住を決めた老サムライのキーンさん。そして既に鬼籍となった司馬さん。今から40年も前の対談であるが、極東の吹き溜まりだから成し得た事、そして日本人の特性を産んだ宗教的背景等について二人の意見はある時は同意に到り、あるときは譲らず飽きさせませんでした。2012/09/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/369613

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。