中公クラシックス
三民主義(抄)ほか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B40判/ページ数 434p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121600899
  • NDC分類 311.222
  • Cコード C1222

目次

三民主義(抄)
志あらばついに成る(『建国方略』より)
講演集
書簡集
宣言集

著者等紹介

孫文[ソンブン]
1866~1925。中国の革命家、政治家。中国国民党総理。台湾では中華民国の創始者として国父とも称される。号は日新・中山・逸仙。広東省の貧農の家に生まれ、1892年西医書院(香港大学医学部の前身)を卒業しマカオ・広州で開業。しだいに反満の民族意識を強め、興中会をハワイで組織し、95年広州で武装蜂起を企てるも失敗し、日本に亡命。三民主義を唱え、以後蜂起と失敗をくり返したびたび渡日する。1911年辛亥革命が勃発するとアメリカから帰国し、臨時大総統に選ばれ、中華民国が発足するが、袁世凱に地位を譲る。その後反軍閥・反帝国主義の中国国民党を組織し、三民主義と五権憲法に基づく建国を企図するが25年北京で死去

島田虔次[シマダケンジ]
1917年(大正6年)広島県生まれ。京都大学文学部史学科卒。東方文化研究所、東海大学予科教授を経て京大人文科学研究所教授。中国近世思想史専攻。2000年逝去

近藤秀樹[コンドウヒデキ]
1932年(昭和7年)新潟県生まれ。京都大学文学部史学科、同大学院文学研究科博士課程修了。新潟大学教授。中国近代史専攻。1983年逝去

堀川哲男[ホリカワテツオ]
1936年(昭和11年)愛媛県生まれ。京都大学文学部史学科、同大学院文学研究科博士課程修了。京都大学教授。中国近代史専攻。1990年逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

帝国主義の大波に突如襲われた清帝国。占領され、アヘンに頽廃する国家を目前にした孫文は、焦燥と理想の狭間に“民族主義”を見ることになる