中公新書ラクレ<br> ゲンロン戦記―「知の観客」をつくる

個数:
電子版価格 ¥946
  • 電書あり

中公新書ラクレ
ゲンロン戦記―「知の観客」をつくる

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月10日 11時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 277p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121507099
  • NDC分類 023.136
  • Cコード C1295

出版社内容情報

「数」の論理と資本主義が支配するこの残酷な世界で、人間が自由であることは可能なのか? 「本書はぼくの考えた抵抗戦略である」。「観光」「誤配」という言葉で武装し、大資本の罠、ネット万能主義、敵/味方の分断にあらがう、東浩紀の渾身の思想。難解な哲学を明快に論じ、ネット社会の未来を夢見た時代の寵児は、2010年、新たな知的空間の創設をめざして「ゲンロン」を立ち上げ、戦端を開く。ゲンロンカフェ開店、思想誌『ゲンロン』刊行、動画配信プラットフォーム開設……いっけん華々しい戦績の裏にあったのは、仲間の離反、資金のショート、組織の腐敗、計画の頓挫など、予期せぬ失敗の連続だった。悪戦苦闘をへて紡がれる哲学とは? ゲンロン10年をつづるスリル満点の物語。

内容説明

「数」の論理と資本主義が支配するこの残酷な世界で、人間が自由であることは可能なのか?「観光」「誤配」という言葉で武装し、大資本の罠、ネット万能主義、敵/味方の分断にあらがう、東浩紀の渾身の思想。難解な哲学を明快に論じ、ネット社会の未来を夢見た時代の寵児は、2010年、新たな知的空間の構築を目指して「ゲンロン」を立ち上げ、戦端を開く。ゲンロンカフェ開業、思想誌『ゲンロン』刊行、動画配信プラットフォーム開設…いっけん華々しい戦績の裏にあったのは、仲間の離反、資金のショート、組織の腐敗、計画の頓挫など、予期せぬ失敗の連続だった。悪戦苦闘をへて紡がれる哲学とは?ゲンロン10年をつづるスリル満点の物語。

目次

第1章 はじまり
第2章 挫折
第3章 ひとが集まる場
第4章 友でもなく敵でもなく
第5章 再出発
第6章 新しい啓蒙へ

著者等紹介

東浩紀[アズマヒロキ]
1971年東京生まれ。批評家・作家。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了(学術博士)。株式会社ゲンロン創業者。同社発行『ゲンロン』編集長。専門は哲学、表象文化論、情報社会論。著書に『存在論的、郵便的』(1998年、第21回サントリー学芸賞思想・歴史部門)、『クォンタム・ファミリーズ』(2009年、第23回三島由紀夫賞)、『弱いつながり』(2014年、紀伊國屋じんぶん大賞2015「大賞」)、『ゲンロン0 観光客の哲学』(2017年、第71回毎日出版文化賞人文・社会部門)、『哲学の誤配』(2020年)ほか多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

遥かなる想い

100
2022年新書大賞第5位。 東京の会社「ゲンロン」の歩みを綴った本である。 SNSが大きく普及した2010年代に 登場した ゲンロンという会社が何に苦闘し、どう生き延びたのか?語り下ろしの本らしく 読みやすいが 内容は新しくはない。 「知の観客」をつくる という著者の試みは どうなるのかが 気になる、そんな自伝だった。2022/05/18

harass

80
ネットの宣伝対談で気になり即座に電子図書で買う。2010年に著者は会社を立ち上げて10年。大学に残ることもしない、有名になり思い上がった気持ちだったが…… 中小企業の経営者としての知識も経験もなかった彼の悪戦苦闘の数々を振り返る語りおろし。それら経験の中から掴んだものと、その実績「観光客の哲学」など。本人が自覚する弱いところなど、あとがきにあるように私小説のようだ。良書。おすすめ。2021/01/03

ころこ

45
著者が出版及びイベントスペース運営会社を10年にわたり経営してきた聞き書きです。思想的な話題は皆無で、会社の経営として○○万円金借りたとか○○に裏切られたとかいった話が大半です。10年続いたことは成功といえますが、いわば失敗の告白です。この手の話は普通30代で経験しますが、頭のいい人が40代で遅れて悪戦苦闘しているのが笑い話として読めます。著者は経営することで文化人の軽佻浮薄な側面を知り、商売人の地に足の着いた側面を改めて見直します。著者が辿り着いたのは、それら具体的な出来事に思想が宿るということでした。2020/12/07

たま

43
著者の東さんも『ゲンロン』も名前しか知らないで読んだのだがとても面白かった。議論の場所を提供すると言う志は素晴らしいと思う。知識と意見のある人が集まりアイディアは沸いてくるが、実際にそれを実行するためにはまともな事務方が必要。ところがこの事務方が見つからない。東さんが何度も同じ失敗を繰り返すのには笑ってしまったが、反省する姿勢は誠実で、言論の場の作り方の基本的な考えには共感するところが多かった。『観光客の哲学』も面白そうで、機会を見つけて読んで見ようと思う。2021/01/02

十川×三(とがわばつぞう)

37
人と会い、一見無駄と思われる雑談(=誤配)の中の、思いもよらないキッカケで人は「考える」。新たな発見があり、価値を生み出す。オンラインでは難しい。▼自分の会社の失敗をこれでもかと曝け出す。問題を生み出した人達を責めず、そうなった原因は全て自分にある。笑われてもいい。覚悟をもって乗り越えようとする強い意志を感じた。2021/03/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17037846

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。