中公新書ラクレ<br> 戦国武将に学ぶ究極のマネジメント

個数:
電子版価格 ¥950
  • 電書あり

中公新書ラクレ
戦国武将に学ぶ究極のマネジメント

  • 提携先に100冊在庫がございます。(2019年06月19日 21時54分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 280p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121506450
  • NDC分類 281.04
  • Cコード C1221

内容説明

戦国の世は、つねに戦争と死という極限状況におかれている点で、史上最も過酷な時代であった。武将たちは、その判断を誤れば自分だけでなく、家臣とその家族をも破滅に追い込む。それだけに、彼らの活躍や言葉の中に、現代人の苦難や挫折を乗り越えるヒントがある。本書は、著者の中世・戦国史研究と女子校経営での知見と実践をふまえ、組織運営や人材登用など、今に生かせる、武将たちの知恵・発想・戦術を探ろうとするものである。

目次

第1章 時代を拓いた天下取り三人の頭脳(直感に閃く信長の斬新な発想;信長のアイディアを開花させた秀吉;豊かな経験で国家の指針を示した家康)
第2章 将たる器(戦国リーダーの役割;先を読み決断する勇気;人の心をつかむ;信義と誠実こそ名君の条件)
第3章 戦国大名の人材登用と育成(人材登用;人材育成)
第4章 名将の人を動かす極意(人遣いの心得;待遇と信賞必罰;従うものを心服させる名将の威厳)
第5章 働き方の知恵(身だしなみと礼儀作法;幹部重臣の心得;対人関係五つの心得)

著者等紹介

二木謙一[フタキケンイチ]
1940年、東京都生まれ。國學院大學大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。専門は有職故実・日本中世史。國學院大學教授・文学部長、豊島岡女子学園中学高等学校校長・理事長を歴任。現在は、國學院大學名誉教授、豊島岡女子学園学園長。1985年、『中世武家儀礼の研究』(吉川弘文館)でサントリー学芸賞(思想・歴史部門)を受賞。NHK大河ドラマの風俗・時代考証は「花の乱」から「軍師官兵衛」まで14作品を担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

日本中世史研究40年、学校経営15年と、研究・経営の両面に携わってきた著者。校長・理事長の任にあった豊島岡女子学園では、戦国武将の領国経営や生き方を拠り所に、学校運営にあたり、女子御三家(桜蔭・雙葉・女子学園)と肩を並べる難関大合格実績(最多の年で東大41名)を挙げている。

戦国時代は、つねに戦争と死という極限状況にあったという点で、史上最も過酷な時代であった。武将たちは、その判断を誤れば自分だけでなく、家臣とその家族をも破滅に追い込む。それだけに、彼らの活躍や言葉の中に、現代人の困難や挫折を乗り越えるヒントがある。

本書では、著者の専門の中世・戦国武家社会研究やNHK大河ドラマの監修、女子校経営での経験から、人材育成やマネジメントなど、現代の組織において実際に役立つ、戦国武将の知恵・発想・戦術、ひいては人間力を探ろうとするものである。


目次
第1章  時代を拓いた天下取り三人の頭脳

第2章  将たる器
第3章  戦国大名の人材登用と育成
第4章  名将の人を動かす極意

第5章  働き方の知恵