中公新書ラクレ<br> 負けたくなかった―具志堅用高、波瀾の半生を語る

個数:
電子版価格 ¥885
  • 電書あり

中公新書ラクレ
負けたくなかった―具志堅用高、波瀾の半生を語る

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年06月26日 14時51分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 221p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121506443
  • NDC分類 788.3
  • Cコード C1275

内容説明

ボクサー具志堅の現役時代を知る人は少なくなった。復期前の沖縄石垣島に生まれ、遊びの中で運動神経を磨いた少年は、高校でボクシングに出会う。卒業と同時に上京し、プロ入り。繊細に足を使い、切れのあるパンチを浴びせかけるスタイルは新鮮で、観る者を魅了した。一九八〇年に樹立した世界王座連続一三回防衛の日本記録は破られていない。引退後はタレントとして大活躍。ボクシング哲学、他のボクサー評など、貴重な証言満載。

目次

一九七六年一〇月九日、蔵前国技館
歓喜の戴冠
少年時代
ボクシングとの出会い
プロ入り
世界王者の苦闘
全盛期
幸せに包まれて
引退
第二の人生
再びボクシング界に

著者等紹介

具志堅用高[グシケンヨウコウ]
1955年沖縄県石垣市生まれ。ボクシング元WBA世界ライトフライ級王者。プロ入り後の戦績は24戦23勝(15KO)1敗。2015年に国際ボクシング名誉の殿堂オールドタイマー部門に選出された。タレントとしても活躍

西田浩[ニシダヒロシ]
1963年東京都生まれ。読売新聞東京本社文化部記者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

沖縄の日本復帰から四年、石垣島出身の無名ボクサーが世界王者となった。沖縄の人々を勇気づけ熱狂に包んだ「うーまく(ガキ大将)」は、日本のスターになっていく。デビューした一九七〇年代後半、日本ボクシング界は危機的な状況にあった。「ボクシング冬の時代を救った男」が、夢のような沖縄期、緊張に晒され続けたボクサー時代、引退後のタレントでの活躍、世界王者を育て上げたジムの運営まで、無我夢中で進んできた道を縦横に語る。

具志堅用高[グシケンヨウコウ]
著・文・その他

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件