中公新書ラクレ<br> とことん!とんかつ道

電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり

中公新書ラクレ
とことん!とんかつ道

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 301p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121504821
  • NDC分類 673.9
  • Cコード C1295

内容説明

今日は上野、明日はファミレス。定食評論家がとことん食べ歩く。かつサンド、ハムカツ等のバリエーション。とんかつ早慶戦。長崎トルコライス等のご当地カツ。果てはハワイでとんかつラーメン。お新香、みそ汁、キャベツなど脇役陣もチェック。腹ぺこ諸君に贈る古今東西カツ事情。100店舗超掲載。カラー写真多数。

目次

第1章 とんかつとサラリーマン
第2章 とんかつと学生
第3章 ありがたいチェーン系とんかつ
第4章 とんかつ発展史
第5章 とんかつのバリエーション
第6章 日本とんかつ紀行
最終章 とんかつオブザワールド―とんかつ世界(主にアジア)進出小史

著者等紹介

今柊二[コントウジ]
定食評論家。1967年愛媛県生まれ。横浜国大卒。大学卒業後の93年に友人2人とともに畸人研究学会を立ち上げ、主幹におさまり、95年より機関誌『畸人研究』を発行。96年より漫画雑誌『ガロ』で畸人に関する連載を開始し、その後模型史研究家を経て、2002年『東京定食屋ブック』(共著)より定食評論家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 4件/全4件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

緋莢

20
よく晴れた日の12時ちょうどくらいのタイミング。朝食は時間がなくて牛乳のみ。9時から会議があって、午前中ミッチリ働いて、お腹が空いた。そんな時に「とんかつ定食」を食べたい!と強く思い、とんかつ屋へと向かう。2000円超えどころか3000円するものもあるが、一方で1000円以下でご飯やキャベツのお代わりが出来て、充分においしいものもある「とんかつ」。高級店からチェーン店、かつサンドやハムかつなどの派生バリエーションなどなど定食評論家が「とんかつ」について、とことん語った本。2016/02/11

おかむら

18
とんかつ屋さんガイド。首都圏中心ではあるものの、有名店だけでなく、和幸やさぼてん、ファミレスや大戸屋、ほっともっとの弁当までとどこでも美味しそうにとんかつ食べまくってるのが好感もてます。今さん、上京時にお母さんから野菜もちゃんと食べなさいと言われたのをずーっと守って野菜摂取に励んでるとこがかわいい。2014/07/27

ホークス

17
今さんの本を読むと、定食への揺るぎない愛情を感じる。手の込んだ表現は使っていないのに、美味しさがリアルに伝わってくる。昔の男が書いたエッセイの様な、シャイな優しさを感じてしまうのです。2014/05/17

610@書店員復帰を目指し中!

14
表紙を見ただけでとんかつと山盛りのキャベツに食欲がわく。今すぐにでもとんかつと山盛りキャベツを食べたい!そんな衝動に駆られる。ページをめくるととんかつの写真、説明や店紹介があり、余計にお腹がすく。明日の昼ごはんはとんかつに決定!2014/04/01

たらこりっぷ

14
あぁもう無性にとんかつを食べたくなる。読む前からそうなることは十分承知していたはずなのに、やっぱり食べたい。さくっ、くいっ、じゅわー。とんかつは喜びをかじることができるたべものです。それにしても、ひとつの道を究めることは大変なことです。今さんが食べているのはとんかつだけではないでしょう。それでもこれだけ並ぶと圧巻です。いわゆる名店ばかり網羅するわけでなく、あらゆるお店に公平に食べに行く姿勢に敬服いたします。2014/02/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7847033

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。