中公新書ラクレ<br> 徹底検証 韓国論の通説・俗説―日韓対立の感情VS.論理

個数:
  • ポイントキャンペーン

中公新書ラクレ
徹底検証 韓国論の通説・俗説―日韓対立の感情VS.論理

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2016年07月24日 21時49分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 286p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121504395
  • NDC分類 319.102

内容説明

竹島(独島)、天皇、慰安婦、歴史認識、政権交替…国交正常化以来、まったく新しい局面を迎えた日韓関係。その行く末は?韓国は本当に怒っているのか?歴史と現状に通じた研究者とジャーナリストが、ネットやマスメディアに流布する通説・俗説を検証し、正しい見方を模索する。

目次

第1章 座談会の前に―「親日」派大統領が竹島に上陸した本当の理由
第2章 座談会1―竹島問題でようやく見えてきた問題点
第3章 座談会2―慰安婦問題の解決に向けた道を探る
第4章 座談会3―韓国と日本、それぞれの「感情」と「論理」
第5章 座談会の後に―「国際社会」に開かれた日韓関係
第6章 新たなステージのために―領土問題・慰安婦問題の構造は越えられるのか?

著者紹介

浅羽祐樹[アサバユウキ]
山口県立大学国際文化学部准教授・北韓大学院大学校招聘教授。1976年大阪府生まれ。立命館大学国際関係学部卒業、ソウル大学大学院修了(政治学博士)。専攻は比較政治学・韓国政治・国際関係論

木村幹[キムラカン]
神戸大学大学院国際協力研究科教授。1966年大阪府生まれ。92年京都大学大学院法学研究科修士課程修了。専攻は比較政治学、朝鮮半島地域研究

佐藤大介[サトウダイスケ]
共同通信社記者・前ソウル特派員。1972年北海道生まれ。1995年明治学院大学法学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件